コネクションズ(ConeXions)

知恵と知恵を人生に繋げるコネクションサイト

ファーストピアスには消毒やケアが必要?ピアス初心者は必見!

   

Sponsored Link

ピアスを初めて開けた後につけるのが
ファーストピアスですが
ただつけているだけじゃNGって知っていましたか?

ファーストピアスをしていても消毒のケアが必要なのです!
そんなファーストピアスの消毒によるケアの仕方
ご紹介します!

 

ファーストピアスはつけたら放置はNG!

ファーストピアスは
4~6週間つけっぱなしにしなければならないので
そのまま放置するという人もいます。

しかし、ピアッシング後にアフターケアを怠ると
化膿して炎症を起こしてしまうこともあるのです。

肌に傷をつけて穴を開けているわけですから
そのまま放置してしまうとそこから雑菌が入ってしまい
膿んだり化膿したり痛々しくなってしまいます。

人によってはピアッシング後に何もしなくても
炎症が起きなかったという人もいますが
運が良く肌が強かっただけという場合がほとんどです。

肌が大変なことになってしまうのを
未然に防ぐためにも
ファーストピアスでの消毒やケアは大切なのです。

 

ファーストピアス選びが大切!ケアがしやすいファーストピアスって?

ファーストピアスはピアスホールを安定させるために
つけるものですから形状素材が大切です。

まず形状は、穴に通すスタッドという軸が長いものが良いです。
穴を前後に動かせることで消毒やケアがしやすくなります。

また、ピアスに肌がくっついてしまわないように
ファーストピアスを前後に動かすように指示される場合もあるので
軸が長めのファーストピアスがおすすめです。

Sponsored Link

また、素材アレルギーが起きにくいものや
汚れで変質してしまわないファーストピアスを選びましょう。

金属アレルギーの人は
ニッケルクロムなどは皮膚に溶けやすく
反応が出やすいので

プラチナ純銀などをおすすめします。
こちらは高価なので手が届かないという人には
純チタン樹脂の安価なファーストピアスがあります。

 

ファーストピアスの消毒・ケアの仕方を知りたい!

ファーストピアスの選び方もわかったところで
いよいよ本題のファーストピアスの消毒・ケアの方法です。

消毒やケアを1日1回はおこないましょう。
朝・夜の洗顔、シャワーやお風呂、寝る前などに
おこなう人が多いです。

消毒液はジェル液体のものをつかいます。
この消毒液を綿棒につけてピアスホールに塗ります
ピアスホールの前後ともに消毒しましょう。

また、ピアス自体も消毒します。
その後ファーストピアスをくるくると回したり
前後させたりして動かします。

このあと消毒液をシャワーなどで洗い流すひともいるようですが
これはどちらでもかまいません。

また、毎日消毒でケアをすると皮膚がかぶれてしまう人もいるので
どんな消毒液が良いのか、消毒の頻度はどのくらいかなど
ピアッシングをしてもらった病院に相談すると良いですね。

 

おわりに

初めてピアスを開けた人にとっては大変なことですが
きれいなピアスホールをあけるためには大切なことです。

後からピアスのおしゃれを楽しむためにも
ファーストピアスの消毒やケアを
怠らないようにしましょう。

Sponsored Link

 - コネクションズ, ファッション, 雑学 , ,