高校生や20歳になって
おしゃれでピアスをあける人も
多いのではないでしょうか。

ちょっと大人っぽくて
色々なピアスを選ぶことができて
おしゃれの幅が広がって楽しいですよね。

そんな初めてピアスをあけたあとにつける
ファーストピアスを外したら血が出てきてしまった!
なんていう人もいませんか。

そんなピアス初心者さんに知ってもらいたい
ファーストピアスのあれこれを教えます!

 

ファーストピアスって何?素材が大切?

 

ファーストピアスとは初めてピアスの穴を開けた後に
4~6週間ほど装着しておくピアスのことです。

このファーストピアスによって
ピアスホールを完成することができます。

ピアスは皮膚に穴を開けるわけですから
ファーストピアスの素材はとても大切です。

医療用のステンレスに純金処理したものや
ファインセラミック純チタン製など
様々な種類があります。

透明のデザインのものや
ファーストピアスでもおしゃれでかわいいものもあります。

金属アレルギーの人は
ニッケルコバルトなど
皮膚に溶けやすい金属を使っている物はNGです。

皮膚に穴をあけて傷をつけているわけですから
安全な物を選ぶようにしましょう。

 


Sponsored Link

ファーストピアスを外したら血が出てきた!原因は?

そんなファーストピアスを外したら血が出てきた
というトラブルが多いです。

だいたいは、ファーストピアスを
十分な期間つけていないことが問題です。

目安は4~6週間となっていますが
皮膚の状態は人によって違うので
ピアスホールが安定する時期というのは異なります。

ピアスホールが安定していないまま
セカンドピアスをつけようとして外したら
出血してしまったというわけです。

 

皮膚のために正しいピアッシングを!

また、正しくピアッシングをおこなっていない場合にも
出血する場合があります。

耳に穴を開けることをピアッシングと言いますが
穴を開けるというのは
医療行為ですから必ず病院でするべきです。

自分や友達同士で気軽にピアッシングすると
が出たり皮膚が炎症を起こしてしまうこともあります。

皮膚科美容外科耳鼻科などで
多くの病院でピアッシングを受け付けているので
行きつけや近くの病院に相談してみましょう。

また、上記のことを守っていたとしても
皮膚から血が出て炎症を起こしてしまう場合もあります。

そういうときは早めに
ピアッシングをしてもらった病院に行って
対処してもらってください。

 

おわりに

いかがでしたか?
たかだかピアスを開けるだけで病院に行くなんて
と思う人もいるかもしれません。

しかし、そういった気持ちが
皮膚から血が出るだけではなく
炎症が起きたり治るのが遅くなってしまったりするのです。

最初は面倒臭いと思うかも知れませんが
正しいピアッシングファーストピアスをすることで
そのあとのピアスを楽しめるようにしましょう。


Sponsored Link