ダウン軽く、暖かく、オシャレ。冬場に大活躍のダウンジャケット

誰でも一枚は持っておきたいものですが、そこには思わぬ落とし穴があります。
それは「クリーニングの値段の相場」。実を言うとこのダウンジャケットのクリーニングの値段、安いダウンジャケットがもう一着買えるくらいの相場なんです。
そんな値段でのクリーニングを高頻度で繰り返したら……わかりますよね。
そこで今回はダウンジャケットのクリーニングの値段を分析、オススメの頻度や家で洗えるかどうかも公開してしまいます!

 

1.意外とお高い!ダウンジャケットのクリーニングの相場

ダウンジャケットをクリーニングに出すと、クリーニング店やコースにもよりますが相場はなんと2000円から4000円
更に素材によってプランを変えると追加料金がかかり、けっこうなお値段になってしまいます。
頻度にもよりますが、相場とはいえこう値段が高くてはダウンジャケットがもう一枚買えてしまいます。
そこで問題は、いかにクリーニングに出す頻度を減らして、ダウンジャケットを低コストで着るかです。
それについては次で解説します!

 


Sponsored Link

2.家で洗えるダウンは自分で洗って節約を!

まず、ケアラベルをよく見て、水洗いが出来るかどうかを必ず確認してください。
この時点で、「水洗いが×」の品物は、家庭洗濯が出来ません。
水洗いが可能であれば、家で洗うことが出来ます。ただし

・ネットに入れて洗う
・手洗いする
・中性洗剤で洗う

 など、ケアラベルの表示をよく見て、普段以上に注意して洗濯をしてください。
失敗するとダウンジャケットのふくらみが失われてしまったりするので、心配な方は多少値段が張ってもクリーニングに出すことをオススメします。
とにかくダウンジャケットは衣服の中でも洗濯が難しく、それが理由で相場が高くなるという理屈だそうです。

 

3.なるべく汚さないように着よう!

自分で洗うのも心配、けれどクリーニングの頻度も減らしたい。
そんなあなたは、ダウンジャケットを「汚さない」ことが肝心です。
汚さないように大切に着れば、クリーニングの頻度も自動的に減ります。
また、ダウンジャケットが得意なクリーニング店を選んで、値段が多少相場より高くてもそこでクリーニングをするということも大切です。
先程も書きましたがダウンジャケットは内側に羽根が入っているという特殊な構造のため、洗濯が難しいのです。
だからクリーニングの値段は相場が高いわけですが、どうせなら上手なところで洗って貰ったほうがいいし、頻度も減ります
ネットなどで調べて、ダウンジャケットのクリーニングが得意なお店を見つけてください。

いかがでしたか?ダウンジャケットは暖かいしオシャレだけれども、手がかかるアウターです。
けれど高い頻度で丁寧に手入れをすれば、何年経っても着られるもの。
ぜひ丁寧にクリーニングをして、毎年着てあげてください!


Sponsored Link