1月7日は、七草粥を食べる日です。

今では儀式として行われているものですが、
そこには先人の知恵が詰まっています。

 

七草の種類

七草粥につかわれる七草は、春の七草です。

七草には、そのほかに秋の七草や夏の七草もあります。

ただし、七草粥として食べるのは春の七草のみです。

春の七草は
セリ、ナズナ、ギギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ
の7種類です。

 


Sponsored Link

何故1月7日なの

1月7日は、子来中国で人日の節句と呼ばれていました。

このころの中国では、年明けから
鶏、犬、豚、羊、牛、馬の日として順番に祝っており
その日には、該当する動物を殺さないようにしていました。

そして1月7日は人日(じんじつ)と呼ばれます。

人日は五節句の一つで、
その日には犯罪者の刑罰を行わないようにしていたという事です。

その祝い事として7種類の野菜が入った
あつものという煮込み料理を食べていました。

これが七草粥の原型だそうです。

では、日本に伝わり七草粥としていつ食べることになったのかというと、

平安時代から食べはじめられ、
江戸時代に広く庶民にも一般的になったのです。

 

七草粥はいつ食べる?地域での違い。

一般的には1月7日に食べることが多い七草粥ですが、
地域によって若干違いがあります。

顕著なのが青森県と秋田県です。

この二つの県では1月7日に七草粥を食べない地域があります。

では、全く食べないのかというとそうではありません。
いつ食べるのかと言うと、16日もしくは、15日です。

また、作り方も地域によってそれぞれで、
良く見かける白粥ばかりではなく、出汁を入れて雑炊風にするところや
鶏肉などをいれるところもあります。

2七草粥

ちなみに、私の実家では7日に鶏肉が入った
雑炊風を食していました。

鶏肉を入れたのは、
おそらくその方が子供達の受けが良かったからだと思います。

 

七草粥の効果効能

七草粥をいつ食べる事になったのか、
どうして食べることになったのかは前述したとおりです。

しかし、この時期に食べると言うことで、
冬場不足しがちな植物性のビタミンをとる効果が期待できます。

先人の方々が七草粥に無病息災の祈りを込めていたのもうなづけます。

さて、そこで七草には実際どのような効果があるのかともうしますと
先ずは、胃袋をすっきりさせて食欲を増進させる効果は
セリ、ナズナ、スズナ、スズシロ、ホトケノザあります。

つづいて、リラクゼーション効果スズナに。

さらに、肝臓を回復させて、宿酔い対策効果セリとナズナに。

そして、なんとそばかすに効くのがスズナ
ひび、あかぎれに効くのがスズシロという

sukkiri

お正月に食べすぎ飲み過ぎで疲れた内臓や、
冬のはだ対策にとても効果がある食べ物なのです。

 


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!