今年は残暑がなく、朝晩は涼しくなってきました。
そんなときにはムチ鍋はいかがでしょうか。

キムチ鍋

おすすめの具材はキノコです。

市販のキムチ鍋スープを使っても、具材を入れる順番を守ると、
おいしいキムチ鍋になります。

キムチ鍋の鉄板具材とおすすめ具材

キムチ鍋の鉄板の具材お肉、白菜、豆腐、ニラです。

お肉は豚肉か鶏がおすすめです。
豚肉はバラ肉がおすすめ。
鶏はだしのことを考えると手羽先がおすすめです。
もも肉胸肉でもOK、
つくね団子もおすすめです。
煮込み用の餃子も試してみる価値があります。

韓国風を意識するなら、
トッポギがおすすめです。

白菜以外の野菜ではだしの出るニンジンゴボウもおすすめです。
食感を考えるともやしも欠かせません。

一番のおすすめはキノコ。
だしがおいしくなる椎茸、食感を楽しむシメジマイタケなどがおすすめ、
松茸はキムチ鍋の香りがきついので、NGです。

140921e


Sponsored Link

キムチ鍋の作り方

キムチ鍋スープを使う場合は、
キムチ鍋スープを煮立たせて具材を入れるだけでできあがります。

おいしく食べるためには少し手をかけましょう。
おすすめの工夫を紹介します。

豚バラを使う場合には、片栗粉をまぶし、
そこにキムチスープを入れて揉み込みます。

鶏のもも肉や胸肉を使うときは
一口大に切ってから豚肉と同じように片栗粉をまぶしてから、
キムチ鍋スープで揉み込みます。
胸肉の場合はさらに30分ぐらいおいておくとおいしくなります。

手羽先を使うときには、キムチ鍋スープは薄めて使うものを使いましょう。
手羽先を1度煮こぼしてから、スープを取ります。このときに椎茸の軸を細く切ったものを入れるのもおすすめです。
アクをしっかり取るか、キッチンペーパーでこしてから、
キムチ鍋スープを溶かすのに使いましょう。

具材は3つに分けて入れましょう。
ほとんどの具材は一緒に煮込んでかまいません。
椎茸は他の具材と一緒に煮込みますが、
それ以外のキノコは煮立つ前にいったん火を止めてから入れてください。
そしてニラは必ず煮立ってから入れてください。

キムチ鍋スープの作り方

市販のキムチ鍋スープにあきたら、キムチ鍋スープづくり
挑戦しましょう。

作り方は簡単です。
キムチ(白菜キムチ)と生姜みじん切り(チューブでもかまいません)、
ニンニクみじん切り(チューブでもかまいません)、鷹のつめ一味や七味でもかまいません)、
豆板醤(トウバンジャン)を中火で炒めます。

(手羽先のスープだとなおおいしい)、椎茸の軸を薄切りにしたもの、酒粕(なくてもOK)コチュジャンみりん、
醤油、鶏ガラスープの素を加えて一煮立ちするとスープができあがります。

締めにはインスタントラーメンがおすすめです
もちろん、ご飯+卵うどんでもおいしいです。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!