九里より美味しい一三里
    昔から言われるような秋の甘み王者「さつまいも」

    落ち葉で焼き芋!と言っても今はたき火をするのも結構大変です。

    それでは、ご家庭でふかしイモという事になりますが
    調理時間が気になりますよね。

    そこで、魔法の調理器具、「圧力鍋」を使った時間節約レシピを紹介します。

     

    圧力鍋原理

    まずは簡単に圧力鍋の原理からですが、
    なぜ、圧力鍋は早く調理できるのでしょうか?

    圧力鍋

    そこで、登場するのが小学生の時に勉強した水の沸点。

    ご存知の通り水の沸点は100℃です。

    ですから、通常、煮込むとかそういう料理は
    最高100℃で調理をしています。

    しかし、この沸点をあげるいくつかの要因があります。

    その一つが圧力をあげる事です。

    圧力鍋は蒸気を溜める事によって鍋の中の圧力を高めて
    沸騰温度をあげます。

    その温度は鍋によっても違いますが、大体120℃。

    その結果、調理時間が早くなります。

    蛇足ですが、圧力鍋のふたについているあの錘は
    その重さで圧力を調整しているそうです。

     


    Sponsored Link

    さつまいもふかし方

    それでは、さつまいもを使った圧力鍋料理の基本
    「ふかしイモ」の作り方レシピをご紹介します。

    準備するのは、圧力鍋とおそらく鍋に付属しているであろう
    「蒸し板」です。

    「蒸し板」が無い場合は鍋の径似合ったものをご用意ください。

    ※さつまいも2本で計算、加圧時間はさつまいもの大きさで調節してください。

    ①圧力鍋に水300ccを投入

    ②蒸し板にさつまいもを乗せ、圧力鍋のふたを閉じて強火で加熱。

    ③圧力がかかった状態(ふたの錘が圧力で上に上がった状態から
    加圧時間は10分

    ④その後、10分間蒸らします。

    はい、出来上がり。

    これを圧力鍋をつかわずに、普通の蒸し器で行った場合
    完成時間は40分から60分となりますので、倍近く早くできる事になります。

    また、圧力鍋を使うと不思議な事に煮崩れしないので
    ホクホク感が満載です。

     

    さつまいものふかしイモを使って簡単レシピ。

    圧力鍋で蒸したさつまいもは、勿論そのままでおいしいのですが
    ちょっとひと手間加えてリメイクしてみませんか?

    ここで紹介するのはCOOKPADから
    「フライパン1つで♪さつま芋入り焼カレー」です。

    材料(2~3人分)は

    ふかしイモ 180g

    レトルトカレー 2袋

    キャベツ 6分の1玉

    玉ねぎ 1玉

    ピザ用チーズ お好み

    オリーブオイル 少々

    コンソメ 適量

    これだけ見ても簡単にできそうです。

    焼きカレー

    では、肝心のレシピは

    1オリーブオイルで玉ねぎ、キャベツを炒めます。

    2カレーを加え沸騰してきたら皮をむいたふかしイモを投入

    3味をみて、薄い場合はコンソメを投入

    4ピザ用チーズを乗せトースターで12から13分焼いて出来上がり。

    カレーの辛さとサツマイモの甘みが妙にマッチした一品です。


    Sponsored Link