生まれたばかりの赤ちゃんはとてもかわいいですね。

パパママはずっと見ていられるくらいかわいくて仕方がないでしょう。

特に寝顔には癒されますね。

しかしよく見ていると「赤ちゃんのおでこが広い!」

と気になったことはありませんか?

ずっとそのままなのか気になるところですよね。

赤ちゃんは日々変化する

赤ちゃんはおなかの中で体や臓器が作られて生まれてきますが、生まれてからもまだまだ未発達の部分ばかりです。

生まれてから徐々に発達していくのです。

もちろん髪の毛も生まれた時からフサフサの子もいますが、一度毛が生え変わります。

赤ちゃんが寝ている枕に抜け毛がついていた、なんてことはありませんか?

生後1〜2ヶ月くらいまでの間で髪の毛が抜けてしっかりした毛が生えてきます。

 

そのため生まれた時におでこが広いと感じても、だんだん髪の毛が生えて狭くなっていく子もいますし、もしかしたらあまり変化しないこともあるでしょう。

images

おでこの広さは変わらないにしても髪の毛が伸びて気にならなくなったというママもいます。

赤ちゃんの顔は日々変化していきますのであまり気にしなくてもいいでしょう。


Sponsored Link

赤ちゃんは産毛だらけ!?

また生まれた赤ちゃんが毛深く、つるつるスベスベの赤ちゃん肌を想像していたのに実際に見てショックを受けたママも多いようです。

images-2

実は赤ちゃんは37度の胎内から10度くらい低い外界に生まれてきます。

しかも羊水で体が濡れているので気化熱も加わって思った以上に寒いところに生まれてくるのです。

そのため体温調節機能も未熟な赤ちゃんは気をつけないと体温が下がってしまいます。

そういった急激な体温低下を防ぐために産毛がたくさんあると言われています。

中には背中や肩、耳にまで産毛がぎっしり、という赤ちゃんもるのでびっくりするママも少なくないでしょう。

しかし赤ちゃん自身が少しでも体温が下がらないように身を守るために必要なものであり、生後徐々に抜けてなくなっていきつるつるスベスベのお肌になりますので安心して下さい。

おでこに産毛がたくさん、という子もいるようですが産毛・髪の毛ともに抜けて生え変わりますのでずっとそのまま、ということはないでしょう。

 

未発達の部分が多い赤ちゃんは生まれてから日々成長し、変化していきます。

毎日の成長を楽しみに子育てライフを満喫すると、より子育てを楽しくできるでしょう。

気になるパーツがあったとしても、それは赤ちゃん自身の個性ですのでそこも含めて可愛がってあげましょう。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!