本来、七五三のお祝いは男の子女の子それぞれ何歳ですればいいのか
伝統の数え年の年齢なのか、現代に多い満年齢での数え方でお祝いをするのか。

神社へ参拝するのはいつがいいのかなど
時期が近づくにつれて
どうすればいいのか不安になられるお母さんも多いかと思います。

 

七五三 何歳 男の子女の子2

 

七五三をお祝いする年齢について

七五三とは、本来は男の子は3歳と5歳
女の子は3歳と7歳
にお祝いする伝統的な行事の1つです。

神社に参拝して
無事に成長し、節目の年齢を迎えたことへの感謝と、将来の幸福と長寿
をお祈りします。

昔は今とは違い、乳児の死亡率が非常に高く
子どもが成長することは当たり前のことではありませんでした。

昔は、生まれて3~4年たたないと
つまりある程度の年齢まで成長しなければ
男の子も女の子もみんな
現代で戸籍にあたる記録にも名前を残してもらえなかったのです。

今とは違い、乳児の死亡率が非常に高く
子どもが成長することは当たり前のことではなかったためです。

 

ですから、この七五三を迎える節目の年齢にまで成長できたということは
現代以上にとても大きな意味をもっていました。

 


Sponsored Link

年齢の数え方について

さて、七五三には数え年としての年齢と、満年齢としての年齢と
2つもの数え方があり

七五三はどちらの年齢数えてお祝いしたらいいのか
疑問をもたれる方も多いと思います。

 

もちろん男の子も女の子も、年齢の数え方は一緒です。
伝統的な年齢と捉えられている方としては、数え年での年齢です。

生まれた年齢を既に1歳とすることを基準に
新年を迎えるごとに1歳年を重ねるとして数えていく年齢です。

 

普段使っている年齢の数え方での年齢は、満年齢といいます。
昨今では満年齢での数え方で、お祝いすることが一般的になっています。

また、地域やご家庭によって決められた風習がある場合もありますので
何歳でお祝いをしたらいいのか、周りの人にも1度聞かれてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに
今年の誕生日をまだ迎えていない場合は満年齢に「1歳」足すと数え年の年齢
もう今年の誕生日が過ぎている場合は満年齢に「2歳」足すと数え年の年齢となります。

 

お祝いする年齢にこめられている意味について

この3歳、5歳、7歳という七五三のお祝いの年齢にも意味があります。

男の子女の子ともに
3歳は「髪置きの儀式」といって
髪を延ばし始める節目のお祝いの年齢です。

5歳は「袴着の儀式」といって
男の子が初めて袴を身につける節目のお祝いの年齢

7歳は「帯解きの儀式」といって
女の子が着物を着て帯を締め
つまり、大人の装いを始める節目のお祝いの年齢です。

 

他にも、男の子女の子関係なく
3歳は言葉を理解できる年齢
5歳は知恵がつく年齢
そして7歳は乳歯が生え変わる年齢であるからお祝いする
と解釈する考え方もあります。

後者の方が現代の七五三のお祝いに当てはまりやすい考え方だといえるかと思います。

 

お祝いする時期について

昔は11月15日
数え年で数えた年齢に当たる男の子女の子をそれぞれお祝いをしていましたが

近年では10月中旬~11月末の土日
縁起の良いとされる日
または家族の集まりやすい日などに

満年齢に当たる子どもや他の年齢の兄弟姉妹も一緒に
つまり男の子女の子のお祝いを何歳でするのか
堅く捉えずにお祝いすることも珍しくありません。

お母さんのお腹に赤ちゃんがいる場合や
下の子どもがまだ小さかったりする場合など
様々な理由から七五三の時期を調節し

「家族にとってのベストな時期」
でお祝いするかたちが定着しつつあると言えます。

 

欠かせないアイテム、千歳飴について

ところで、七五三といえば千歳飴
重要なアイテムの1つでもあります。

紅白の色には子どもの成長の喜びが
長さには子どもの長寿と健康を願う気持ちが込められているそうです。

また、紅白や鶴亀、松竹梅は縁起がいいので、千歳飴の袋にも描かれています。

今では千歳飴も
男の子女の子、何歳の子どもでも大好きな
キャラクターの絵柄が書かれた袋に入って売られていたり
レンタルの着物を汚さないようにと短くなった千歳飴が売られていたりもしています。

 

七五三 何歳 男の子女の子1

 

伝統ある七五三という行事も
お祝いをする子どもの年齢の数え方を始め

何歳でお祝いするのか、どういったお祝いにするのかなど
いろいろな面で変化してきているのだということが、とてもおもしろく感じました。

昔とは環境も違い、あらゆる面での多様化が進む現代では
昔の七五三のお祝い本来の意味をそのまま受け継いでいるかというと
そうではない部分はあると思います。

けれど、七五三をという伝統行事を通して
お誕生日とはまた異なるかたちで家族揃ってお祝いすることは

改めて我が子の年齢の重なりや
成長に感謝する機会をもつことができる良い機会です。

ですから、七五三はこんなにも長い間受け継がれてきた行事でありますし
またこれからも受け継がれてゆく行事だと思います

 

おまけ

余談ですが、この千歳飴は「直径15mm以内、長さ1m以内」と決められているそうです。

1mの千歳飴はどこへ行けば買えるのでしょうか???


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!