秋の気配が急に濃くなり、朝夕涼しくなってきた、今日この頃。
みなさんいかがお過ごしですか?

 

当店に来店されるお客様も薄い上着を一枚多く羽織って来て下さいます。

 

さて、今日来店されたお客様とさんまの話になりました。

秋といえばさんま、
季語にも使われるくらいこの季節に密接に関係し、
カロリーが低く、焼いても、煮付けにしても美味しい食材です。

 

調理の仕方で、
真っ先に思いつくのは、
焼いて大根おろしを添えたもの。

この説明で、みなさん頭に思い浮かべられるくらい、
メジャーな料理でしょう。

 

そして、お客様との話に上がったさんまの煮付け。

 

今日、はさんまの煮付けとカロリーの事を書きたいと思います。

 

sanma2

 

さんまのカロリーは?

頭と内臓が処理済みのさんま100gあたり、
310カロリーで焼きで299カロリーになります。

頭の切り口から尻尾の先までの長さが22cmぐらいのもので重さが114g

さんまの頭と内臓をとったものでも
骨などのたべない部分が18%ぐらいの重さになるようです。

 

余談になりますが、
さんまを選ぶポイント目が充血していないもの、
そして、表面に光沢があるものです。

そして、さんまの脂肪に含まれているDHAには、
脳の働きを活性化させ、
EPAは血栓の予防に効果的です。

 

 


Sponsored Link

煮付けという言葉

煮付けをという言葉を辞書で調べてみます。

魚・野菜などに、
しょうゆ・砂糖・みりん・酒などで甘辛く味つけした煮汁をしみ込ませ、
よく味がつくように 煮た料理

と、記してあります。

 

そして煮付けのの煮ると言う言葉ですが、
意外とことわざに多く用いられてますね。

 

・煮て食おうと焼いて食おうと

・煮ても焼いても食えない

・煮るなり焼くなり

・煮えきらない

 

これだけ煮付けの、
煮ると言う料理法が用語として用いられているくらい、
煮付けと言うのは色々な食材に合うやり方みたいですね。

 

さんまの煮付け、カロリー低めの美味しいレシピ紹介

 

5108_0_0

 

材料

 

サンマ 2~4

しょうゆ or めんつゆ 大4

みりん 大3

水 100cc

砂糖 大2.5

酒 大2

酢(大1)or 梅干し1個

ショウガ 薄切り5枚 or 絞り汁

トウガラシ 少々

ニンニク 薄切り1枚

 

作り方

 

サンマは筒切りにします。

頭を取り2等分にし、内臓をとります。

背骨裏は菜箸等を使って、血をよく洗い流します。

鍋に汁の材料を入れ、沸騰したらサンマを入れます。

アルミホイル等で落とし蓋をし強火で5分。

サンマを裏返して弱火で汁が少なくなるまで煮詰めれば出来上がり。

 

それ以外にも様々な、さんまを使った、
カロリーの低い料理があるのでちょっと紹介します。

 

さんまの立田揚げ・・・219カロリー、さんまとにんじんの南蛮づけ・・・248カロリー

 

さんまの中華風香り煮・・・278カロリー、さんまの梅煮・・・285カロリー

 

さんまとなすの煮物・・・378カロリー、さんまのかば焼・・・412カロリー

 

さんまの炊き込みご飯・・・519カロリー


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!