9月に入り季節もだんだんと
秋に移り変わってきました。

七五三は11月15日を中心に
10月後半~11月前半にかけて
参拝やお祝いをする人が多いと言うことで

そろそろお子さんの七五三の準備を
始めるという方も多いのではないでしょうか。

そんな人に是非知ってもらいたい
七五三の年齢に関するあれこれ。

七五三は何歳でやるの?早生まれだといつ?
男女でお祝いする年齢の違いって?

そんな疑問に徹底的に答えます!
これを見ればいつ七五三をやればいいのかまるわかりです。

七五三は何歳でやるものなの?満年齢or数え年?

七五三は7歳5歳3歳のお祝いを
行う日本の年中行事ですが
何歳に行うものなのでしょうか。

数え年(7歳のお祝いでは満6歳になる年)なのか。
満年齢(7歳のお祝いでは満7歳になる年)なのか。

昔は数え年だったそうですが
現在では満年齢が一般的のようです。

地域の慣習やお参りする神社によっても
年齢は違うようですから
実際にお参りするところを下調べしておくと良いですね。


Sponsored Link

早生まれの子の七五三はいつ?

ここで気になるのが
1月~3月早生まれの子の七五三は
いったい、いつなのかということです。

同学年の子と一緒にやるべきなの?
生まれた年に会わせた方がいいの?
どちらが正しいのか迷う人もたくさんいると思います。

結論から言ってしまうと
実はどちらでも良いのだそうです。

先述したとおり
慣習や神社によっての違いはありますが

現在では柔軟に対応しているので
学年と生まれた年、どちらに合わせても良いようです。

子供の同学年の子と一緒にやった方が
子供自身も楽しいので
学年に合わせる人が多いようですね。

男の子と女の子で祝う年齢が違うって本当?

七五三というからには
全ての年齢のときにお祝いをしそうですが
実は男の子と女の子で祝う年齢が違うのです。

男の子3歳5歳
女の子3歳7歳
3歳は女の子だけ、というところもあるそうです。

七五三の年齢に決まりはあるものの
絶対にそうでなければならない
というわけではありません。

3回ともやって子供の成長を楽しむ人もいれば

さすがに何度もやるとお金がかかってしまうので
1、2回という人もいます。

また、兄弟姉妹がいる人は
その分お金もかかるわけですから
1年にまとめてやってしまう人もいます。

それぞれの家庭に合わせて
七五三を行う年齢や年を決めると良いですね。

何にせよ子供が喜んでくれるのが1番ですから
その子の気持ちをくみ取ってあげるのが
最も良いことかもしれませんね。


Sponsored Link