3歳で言葉を理解し、5歳で知恵がつき7歳で乳歯が生え変わる…
と成長するにつれて行動がどんどん広がり
怪我が増えたり、いろいろな病気になりやすかったりする時期でもあります。

七五三”とはそんな子供の健やかな成長を氏神様にお祈りをする”しきたり”なのです。

 

七五三で、初めて子供に着物を着せるという方も多いと思います。
しかし、じっとしてくれない子供に着せたことのない着物を着せるなんて、大変そう
なんて思ってる方も少なくないはず!

 

でも、3歳児の着物は着物の上から被布(ひふ)を着るだけ!
とっても簡単なんです。

(被布とは着物の上から着るベストのようなものです。)

3歳児、七五三の着物と被布の写真

 

ここでは子供の着物の着せ方をご紹介します。

 

着物を着せる前に…

トイレは必ず済ませておきましょう

ヘアとメイクもあらかじめ済ませておきましょう。

あとから足袋を履くのも大変になるので
襦袢を着る前に足袋も履かせておきます。

 

 

まず長襦袢を着せます。

襦袢も着物も右前になるように着せてくださいね。
襦袢の下は普通の下着で大丈夫です。

 

襦袢の丈は足袋の上に合わせ、
襟はぴったりと合わせて腰ひもを結びます。
中央を意識してくださいね

長襦袢と足袋姿のイラスト

次に着物を着せます。

袖を通したら右側のつけ紐を左脇から出しておきます。
裾をくるぶしくらい、半衿は1、2センチほど出し腰ひもで結びます。
長襦袢やくるぶしが出ないように形をここで整えましょう。

 

つけ紐を後ろ側へ回し交差させ前の方へもってきます。
前でつけ紐を結びます。

最後にシワやよれなどを伸ばしましょう

 

 

最後に上から被布を着せる。

 

着付けの手順

 

 

着物の着せ方の説明は以上です。
この説明で着せ方が少しでもわかっていただけたら幸いです。

 

3歳児は重い袋帯に耐えられないため、
晴れ着に被布を着せるのが一般的です。
着崩れが心配…と言う方もいるとおもいますが
伊達締めはしなくても被布をきているので
あまり目立ちません。
ですので無理に伊達締めをしなくてもいいですよ。

どうしても着崩れが気になるようであれば使ってくださいね。
その際は苦しくないよう緩めに締めてあげましょう!
へこ帯を代用しても可愛いと思います。

 

3歳児はとにかくわんぱくで
少しの時間もじっとしていられることが出来ないので
早く着せられるよう、
着せ方を覚えておくと当日は手際よく着せられると思います。
前もって練習しておくのもいいですね。

 

忘れてはいけないのは
子供は足袋も草履もなれていないので
運動靴等の履きなれた靴を必ず持っていったり
神社に着くまで被布を脱がせておくなど
疲れないようにしてあげることが肝心です。

 

お父さんもお母さんもお子さんも
楽しい七五三になるように
小さな事でも気にしてあげるようにしましょう!


Sponsored Link