女性の社会進出が目覚ましい昨今。
就職してから仕事一筋で頑張ってきた女性も多いのではないでしょうか?

「今まで頑張ってきたから結婚後は専業主婦になりたい」
「育児に専念したい」など
いろんな理由で専業主婦になりたい人もいるはず。

でも、旦那さんの給料だけで生活していくことになるのですから
「どのくらいの年収があれば暮らしていけるの?」
家事は手伝ってもらえるの?」などの不安も。

では実際に専業主婦になるためのポイントをみていきましょう。

 

専業主婦の旦那の年収、給料の理想

213f7c52acd991ca431cf1baed114454_s

結婚相手に求める理想の年収のアンケートでは、

1位500〜599万円

2位600〜699万円

3位700万円〜799万円

という結果が。

よくあるドラマや映画での「愛があれば結婚できる」など、女性が好みそうな甘い台詞とは裏腹に
「お金がないと、愛も冷める」
「生活が苦しいと結婚生活も破綻する」
などの現実的な意見が見られます。

これを見ると、専業主婦になる為には旦那さんの給料の目安として年収500万円が一つのボーダーラインになってくるようです。

しかし、この結果は結婚適齢期の男性の給料と比べてどうなのでしょう?

 

20代〜30代前半の男性の平均年収を見てみると400万円前後が現実です。

そう考えると専業主婦になりたい女性の理想はなかなか高いことが分かります。

これは女性が、結婚した後の妊娠や出産、夢のマイホーム購入などを
現実的に考えているからだと思われます。

 


Sponsored Link

平均年収では専業主婦になれない?

では、20代〜30代前半の男性の平均年収では専業主婦になれないのかというとそうでもありません。

旦那さんの給料が年収400万円弱でも、専業主婦をしている方もいます。

とはいえ、料理や家事、ショッピング、旅行など
独身の頃はある程度好きにやってきたことを我慢し、節約をモットーに生活していくことが必要になってきます。

その他には、家でできる副業をなさってる方もいます。
兼業主婦をされてる方には及びませんが、これなら家事をこなしつつ
空いた時間に収入を少し増やす事も可能です。

お子さんが小さくてが離せないときも、家でできる仕事なら安心ですね。

 

専業主婦になるために準備しとくべきこと

これから結婚して専業主婦になる為には今から準備しておくべき事があります。

まず、専業主婦でもいいと言ってくれる旦那さんを見つけることです。

実はこれが年収より重視するべき点と言っていいでしょう。

なぜなら、このご時世ですので、たとえ年収が800万円あっても
結婚相手には働きに出てほしいと考える男性が以外に多いのです。

逆に年収は平均だけれど、母親が専業主婦だったことから、
結婚する相手には家庭に入ってほしいと考える男性もいます。

それに加え、専業主婦になってもらいたい男性は、
基本的に家事をしてもらいたいと思っているようです。

苦手だから家事も協力してほしいという考えは持たず
一通りの家事ができるようになっておきましょう。
家事だけではなく、節約が得意だったりするのも大きなポイントです。

そして1番大事な事は、毎日仕事でクタクタになって帰ってくる旦那さんが
気持ちよく過ごせる家づくりをすることです。


家族を守る為に、一生懸命働いてる旦那さんには感謝の気持ちを持ち、
笑顔でいられるよう
にしましょう。

 

専業主婦として生活していくには

7a9bd89e86e5b4a433764738e8e4f306_s

専業主婦になるには、なんといっても旦那さんの理解が一番必要になります。

たとえ旦那さんの年収、給料が低くても、
旦那さんがあなたに専業主婦を望めば専業主婦の夢は叶います。

その中で旦那さんとあなた、将来の家族が暮らしていけるかが重要なポイントになるでしょう。

どういう家庭を築いていきたいのか、旦那さんと2人でよく話し合って、素敵な専業主婦ライフを送りましょう。


Sponsored Link