もうすぐ敬老の日ですね。

以前は9月15日でしたが、現在は9月第3月曜日となっていますので毎年日にちは変わります。

敬老の日にはおじいちゃん、おばあちゃんを敬う日ですがちょっとおしゃれに英語でメッセージを贈ってみてはいかがですか?

しかし敬老の日のお祝いのメッセージは英語で何て言うのでしょうか?

敬老の日の由来は?

そもそも敬老の日はなぜできたのでしょうか?

 

敬老の日は昭和41年に国民の祝日として制定されました。

 

この敬老の日はもともと兵庫県の多可町という町で行なわれていた「としよりの日」という敬老会が起源とされています。

昭和22年9月15日に兵庫県野間谷村(現在は合併して多可町)の村長だった門脇政夫氏が

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」

と村のお年寄りを集めて敬老会が行なわれました。

そしてこの日からその敬老会を「としよりの日」と呼ぶようになりました。

 

それまで日本にはお年寄りを敬う行事や風習を特定の日のすることはなかったので「としよりの日」が全国的に評価され、全国に知れ渡ることになったのです。

しかし「としよりの日」は

名前やイメージがあまりよくない」

ということで昭和39年に「敬老の日」に改称されました。

そして昭和41年に9月15日を「敬老の日」として国民の祝日として制定されました。

images

 

現在は国民の祝日を特定の月曜日に移動させる「ハッピーマンデー」制度で9月の第3月曜日ですが、このようにして敬老の日はできたのです。


Sponsored Link

敬老の日のメッセージは英語で?

敬老の日には何かプレゼントを贈るという方も多いでしょうが、一緒にメッセージを添えてみてもいいですね。

老人を敬う日なので

「いつもありがとう」

これからも元気でいてね」

といった言葉がふさわしいでしょう。

images-1

 

ちょっとおしゃれに英語でメッセージを贈るなら

「Thank you always!」(いつもありがとう)

「Be well!」(元気でね)

といった風になります。

他には

「The best of health to you」(お元気で)

「I’m looking forward to seeing you」(あなたに会えることを楽しみにしています)

といった言葉もいいでしょう。

全て英語だと読めなくて困ってしまうでしょうが、手紙の最後だけ英語にするとちょっとおしゃれな手紙になりますね。

またいつもの手紙と差がつきますでしょうし、「何て賢い孫なんだ」とおじいちゃん、おばあちゃんもうれしくなってしまうかもしれませんね。

 

普段なかなか口にできない感謝の気持ちを手紙にして伝えてみませんか?

そして一文だけ英語を加えてみてはいかがでしょうか?


Sponsored Link