Sponsored Link

七五三のお参りをする際に気になるのが
仏滅大安など六曜です。
実際に七五三と関係があるのか調べてみました!

そもそも六曜ってなに?

六曜というのは
先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口

六種類があり
日にちの吉凶を表すもののことです。

カレンダーなどに書いてあるのを
見たことがある人も
多いのではないでしょうか。

結婚式には大安・葬式は友引を避けて
というように冠婚葬祭などの儀式
日取りでも考慮されているのです。


Sponsored Link

六曜を詳しく知っていこう!

名前だけ知っていたとしても
それぞれがどんな意味のある日なのかわからなければ
日取りの由縁もわかりませんよね。

というわけで
六曜それぞれの日を詳しく見ていこうと思います。

先勝:読み方「せんしょう」「さきがち」など。
先んずれば勝ち」の意味で
万事急ぐことが良いとされています。

友引:読み方「ともびき」など。
物事に勝敗無し」の意味で
かつては勝敗がつかない引き分けとされていました。
現在は友人に災いが及ぶこともいいます。

お葬式では友も引き連れてしまうということから
避ける日とされています。

先負:読み方「せんぶ」「せんまけ」など。
先んずれば即ち負ける」の意味で
万事平静であることが良く
勝負事や休養は避けるべきとされています。

仏滅:読み方「ぶつめつ
仏も滅するような大凶日」の意味で
結婚式などのお祝い事は避けられる日です。
逆に物事を始めるには良い日だという解釈もあります。

大安:読み方「たいあん」「だいあん」など。
大いに安し」の意味で
六曜の中でもっとも吉日とされています。
結婚式などをこの日に行うことも多いですね。

赤口:読み方「しゃっこう」「しゃっく」など。
牛の刻(午前11時~午後1時)だけが吉でそれ以外は凶。
「赤」は火や刃物に注意するという日でもあります。

これで六曜はマスターできましたね!
読み方も意味もバッチリです!

七五三には六曜は関係あるの?

六曜を詳しく知ったところで気になるのが
七五三と六曜の関係ですよね。

七五三も日本の年中行事ですから
六曜のことを考えて日取りをするのでしょうか。

七五三は11月15日
お参りやお祝いをするとされています。

なので10月後半~11月前半の土日祝日などに
お参りをする人が多いようです。

六曜の考え方に基づいて
何事にもおめでたいとされている
大安にお参りしたいと考える人も多いようです。

逆に何事にも悪いとわれている
仏滅を避ける人も然り。

しかし、基本的には
七五三と六曜は関わりがないとされています。

だから予定が合わなくて
大安がとれない!仏滅になってしまった!
という人でもそこまで気にしなくて大丈夫なようです。

六曜との関わりを考慮するのも良いですが
そればかりにとらわれてしまって
七五三を楽しめないのでは本末転倒ですよね。

あまり気にしすぎずに
七五三のお参りやお祝いを楽しむことが
1番ではないでしょうか。


Sponsored Link