成長の証“七五三”のあれこれ知りたい!

子供の頃はもちろん
自分の子供にとっても成長の証となる年中行事七五三

七五三というと
晴れ着を着て、千歳飴をもらって、神社にお参りをして、
非日常な雰囲気が味わえますよね!

子供の頃はただなんとなく過ごしていただけでも
自分が親になってみると

七五三のお参りの時期っていつなの?
写真撮りはいつやればいいの?

などなど疑問がたくさんわいてくるかも知れません。
意外と知らないことが多いのではないでしょうか。

お子さんに聞かれたときにでも大丈夫なように
七五三のお参りの時期について
ちゃんと知っておきましょう。

七五三のお参りの時期って?

七五三は11月15日に行われます。
しかし、必ずこの日にしなければならない
というわけではありません。

10月後半~11月前半
吉日や土日祝日でも可能です。

お仕事が忙しいお父さんお母さんも
いっぱいいますからね。

日本の年中行事というのは
わりと柔軟なようです。

さらにこの時期というのは大変混雑しているので
それを避けて10月上旬11月下旬
さらには12月にお参りを行う人もいるようです。


Sponsored Link

男の子と女の子で年齢が違うって本当?

7歳、5歳、3歳のときに
お祝いをする七五三ですが
実は男の子と女の子で祝う年齢が違うのです。

まずは3歳。これは男女ともにお祝いします。
次に5歳。これは男の子だけです。
そして7歳。これは女の子だけです。

このような決まり事はありますが
兄弟の事情に合わせて男女逆になったりなど
柔軟におこなっているところがほとんどです。

また年齢も数え年なのか満年齢なのかなどの
違いもあります。

実際にお参りをする神社はどうなのか
事前に調べてみると良いかも知れませんね。

写真撮りはいつからいつまでできるの?

七五三の当日の時期はばっちり!
でも写真っていつ撮ればいいの?
と思う方もたくさんいらっしゃいますよね。

お子さんの成長を残しておくなら
やはり記念写真は撮りたいですよね

最近は着物をレンタルすればほとんど
写真の撮影もセットでついてきます。

早いところでは4月の段階からもう前撮りをスタートしています。

七五三のお参りが終わっちゃった!という人でも大丈夫です。
12月まで後撮りを行っているところも多いのです。

しかも後からだと割引になるところもあるのだとか!
忘れてしまったら悲観しないで
後撮りもあることも忘れずにしましょう。

大事な瞬間を残しておきたい!

子供の成長はとても早いものです。
一瞬一瞬がとても早く過ぎていきます。

だからこそ、お子さんのかわいくて大事な姿を
しっかり残しておきましょう。

お子さんが大きくなってから見直して
またお子さんが結婚して子供が生まれたら
またそれを見て思い出にふけったりして。

そうやって引き継いでいくのが
私たちの役目なのかも知れませんね。


Sponsored Link