中秋の名月を過ぎて、秋も深まってきましたね。

    秋が過ぎた頃に、「立冬」という言葉が目立ってくるようになります。

    「立冬ってどういう意味?いつ来るの?」
    そんな方のために、立冬について今回は書いていこうと思います。

    1.立冬と二十四節気

    立冬とは、一年を二十四に分けた暦「二十四節気」における重要な時期、「立春、立夏、立秋、立冬」の「四立」の一つにあたります。
    二十四節気のうち重要なのは上の四立に加えて「春分、秋分」の「二分」と「夏至、冬至」の「二至」があり、この「二至二分」と四立を合わせて「八節」といいます。

    春分の日と秋分の日、夏至や冬至はなじみがありますね。

    では「四立」とはどういう意味なのでしょうか。そしていつ来るのでしょうか。
    それは次からの章で解説します。


    Sponsored Link

    2.立冬の意味

    まず「四立」とは、昼夜の長短を起点とした「その季節の始まり」を意味します

    立春は春、立夏は夏、立秋は秋の気配が立ち上がる季節。

    つまり、立冬とは文字通り「冬の気配が立つ季節」、「冬の始まり」という意味なのです。
    いつのことかと言うと一年のうち初めて冬を感じる日とされていて、『暦便覧』では、「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と説明されています。

    けれど、「冬の気配を感じる日」なんて曖昧な意味ではピンときませんよね。

    では、実際いつのことなのでしょうか?
    いつ、何をする、どんな日なのか。実際はどういう意味の日なのか。

    それについても書いていきたいと思います。

    3.立冬の時期

    立冬は実際いつ来るのでしょうか?
    実は、先ほど述べた「八節」のうち「秋分」と「冬至」のちょうど中間の日が「立冬」に当たります。

    「秋分」は昼と夜の長さが等しくなる日で、今年は9月23日。
    「冬至」は一年のうち夜が最も長くなる日で、今年は12月21日です。

    冬至はかぼちゃを食べたりゆず湯に入ったりすることで有名ですね。

    その中間ですから、今年の立冬はいつ来るかというと、11月7日ということになります。

    まだまだ秋の気配が濃い時期ですが、この日を過ぎると木枯らしが吹き始め、紅葉もいよいよ色づいて「冬が近いな」と感じ始める日
    立冬はそういう意味の日なのです。
    二十四節気で区分するとこの日から立春の前日までが冬となります。

    何かを食べる、などの風習は冬至などと違って特にありません。
    が、「季節に合ったものを季節に合った調理法で食べる」というのが一番です。

    この時期から寒くなるのは確かですから、暖かいものや身体が温まるものを意識して食べてみるといいかもしれません。

    4.季節を感じよう!

    夕焼け

    いかがでしたか?立冬が季節においてどういう意味を持つのか、いつ来るのか。
    以上について解説してきました。

    あまり耳にしたことのない用語ではありますが、他にも季節を表す単語はたくさんあります。

    実は春分、秋分、夏至、冬至と並んで重要な季節の節目である「八節」の一つであり、冬の始まりという意味を持つ「立冬」。

    もうすぐ秋分の日が来て、あっという間に日が短くなってきます。
    暦の上では冬がもう近いのです。いつでも一年はあっと言う間ですね。

    暑さも寒さも厳しい近年の気候もあります。立冬の時期が近づいてきたら、そろそろ冬支度を始めることをオススメします。


    Sponsored Link