秋の七草ってなに?

秋の七草4

秋の七草ってなんだろうという方
いませんか。

 

七草と言うと思いつく順番が
春の七草が1番ではないでしょうか。

 

順番以前に知らない人もいるかもしれません。

私も先日まで知りませんでした(笑)

 

秋の七草とは粥に入れて食べられる
春の七草とは違って、おもに観賞用として、
愛でられることが多い花です。

 

秋の七草ご紹介!

秋 七草

秋の七草は、萩(はぎ)、尾花(おばな/ススキのこと)、
葛(くず)、撫子(なでしこ)、女郎花(おみなえし)、
藤袴(ふじばかま)、桔梗(ききょう)の7種です。

 


Sponsored Link

春の七草と秋の七草どっちが先?

春の七草のほうが、七草粥を食べたりすることからか、
有名ですが、じつは秋の七草のほうが世にでてきた順番は
先なのだそうです。
秋の七草は万葉集にのっている歌人(やまのうえおくら)
が歌に詠んだことが由来しています。

春の七草はこれよりあとということです。

 

漢方にもなる七草!

春の七草のようにお粥に入れて食べたりは
されない秋の七草ですが、

漢方などにされるものが多いようです。

 

フジバカマ
乾燥させたものを煎じて飲んだり、お風呂に入れたりします。

 

クズやキキョウやオミナエシなどもそれぞれ効能があります。

 

魅力あふれる秋の七草を覚えよう!!

秋の七草5

観賞用だけではなく、
漢方にもなる秋の七草を覚えたい人いませんか。

 

雑学としても覚えてほしいので、
覚え方の順番をご紹介します。

 

語呂あわせで覚える!

秋の七草の一般的な覚え方は
やっぱり語呂合わせです。

 

リズムよく繰り返し口ずさむのがいいようです。

 

語呂合わせいくつかありますが、
じあまりのない語呂合わせの順番を
ご紹介します。

 

秋の七草覚えよう!語呂合わせはこの順番!

「お好きな服は」の語呂合わせです。

順番は

 

おみなえし

すすき(尾花)

ききょう

なでしこ

ふじばかま

くず

はぎ

 

頭文字を上から順番に声にだし、
リズムよく言いましょう。

繰り返しているとわりと簡単に
覚えられると思いますよ。

 

それでも、
覚えられない人は他の語呂合わせはいかがでしょう。

 

「ハスキーなお袋」や「おおきな袴はく」
など字余りだったり頭文字だけではないものもあります。
まずは、自分で語呂の順番に並べてみてください。

 

調べてたらでてきたのですが、
嘉門達夫の歌で秋の七草のネタ歌があるらしいです。
聞いたことはなかったのですが、探してみました。

結局でてこなかったので、

他のを探したところ、この動画がでてきました。

子供が歌っていて可愛いです。


秋の七草の歌の動画はほとんどなかったのですが、
覚え方をひろうしているものや

秋の七草の画像をながしているものはあったので、
動画を見て覚えるのもいいかもしれませんね。

まだまだ秋の七草の覚え方は探せばでてくるかもしれません。

とりあえず、いろいろな語呂あわせを
順番にためしてみてください。

 

自分にあった語呂の順番がみつかると思いますよ。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!