秋の七草の1つ藤袴にスポットをあててみた!

七草粥として知られている春の七草と違って、
観賞用である秋の七草の1つ、藤袴は薬草として
使われていたということに興味をもちました。

 

秋の七草は食べるというよりも、
漢方としてよういられていた一面ももつようです。

 

観賞用だけではなかったんだなと関心しました。

 

藤袴ってどんな植物?

ふじばかま1

藤袴はキク科の多年草です。
秋の七草の1つとして数えられています。

山野、川岸などに生え、
庭にも植えられる植物です。

茎は直立し、高さ約1メートルくらいになるそうです。

 

漢方としては、
全草を乾燥させたものを蘭草というそうです。

 

生乾きのときは芳香があるみたいです。
ちょっとかいでみたいです。

 

口の中の乾きを止める目的で糖尿病に
使用するそうです。

 

お風呂の入浴剤としても使われるとか。
肩こり、神経痛、皮膚のかゆみなどに効くそうです。

 


Sponsored Link

他にもすごい!秋の七草!!

秋の七草はキク科ではないですが、
漢方として使われているものが多いです。

萩や葛や撫子、桔梗などもそうです。

秋の七草の魅力ですね。

 

キク科植物はなじみ深い!!

秋の七草の1つ藤袴はキク科です。
そういえば、
キク科の植物は身近にいっぱいありますね。

私の身近なキク科の植物は
タンポポですね。

たんぽぽ

 

うちの玄関前にも勝手に咲いてます。
タンポポはきれいで元気のでる色ですが、
とにかくいっぱい生えるのでぬくのが大変です(笑)

 

キク科は顕花植物の中では最大の科!

秋の七草の藤袴(キク科)と同じように
キク科の植物はなんと約1000属2万種が
ぞくするそうです。

すごいですね。

 

日本だけでも約70属360種がキク科なんだとか。

 

キク科の代表的植物はなに?

菊

秋の代表的な花が秋の七草だとすると、
キク科の代表はやっぱり菊ですかね。

 

菊まつりなどもあるそうですし、
キク科の中の代表格と言ってもいいと思います。

 

キク科の植物を育てよう!!

秋の七草の1つである、
藤袴は今絶滅危惧種に指定されています。

 

植物全体も絶滅危惧種が多いようです。

 

絶滅危惧種を助けるためとまではいえないですが、
楽しみのためにガーデニングなどいかがでしょう。

キク科の花は初心者でも育てやすいのが多いと思います。

 

例えば、マーガレットなどは育てやすいし、
長い間楽しめる花です。

 

その他にも、一年草ですがデージーも育てやすいし、
もかわいいと思います。

 

秋の七草の藤袴も耐寒性と耐暑性があり、
初心者でも育てやすいそうです。

 

キク科とリーフレタスは連作しないように注意です

もともと家庭菜園などしている人はキク科と
リーフレタスは連作しないように注意も必要です。

連作障害がおきちゃうらしいです。

キク科の植物は多いのでこの辺は注意ですね。

間に2~3年別の植物を挟めば大丈夫のようです。

 

楽しんで植物の役にたてたらいいですね。


Sponsored Link