敬老の日まで2週間を切りましたが、おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントやお祝いの準備はできましたか?

「小さい子供がいるから難しい手作りプレゼントは間に合わないかも」
「孫みんなで協力して手の込んだものを贈りたい」

などなど、ご家庭によってプレゼントの内容は全く違ってくると思います。

 そこで、どんな家庭でもあと2週間で簡単に用意できる手作りプレゼントを5つ提案したいと思います。
敬老の日までに充分間に合うものばかりなので、ぜひ挑戦してみてください。

1.お子様から成人まで、王道のプレゼント!「メッセージカード」

幼稚園児から成人まで、誰からでももらったら嬉しいプレゼント「メッセージカード」

お子様が描いた絵つきの手作りメッセージ成人したお孫さんからの絵手紙手作り風メッセージ、等々。

どんなものでも敬老の日に貰えば、おじいさんおばあさんも喜ぶことうけあいです。
様々な形で感謝を伝えられる、敬老の日にはうってつけの手作りプレゼントと言えます。

他のプレゼントと組み合わせることもできるのも高ポイント。

 


Sponsored Link

2.お子様にオススメ!「肩たたき券」

敬老の日にこれを貰って嬉しくないおじいちゃんおばあちゃんはいないプレゼント、「肩たたき券」

お子様からのプレゼントとしてのイメージが強いですが、大きくなったお孫さんからもらっても嬉しいはず。
手作りの肩たたき券はそれだけでも喜んでもらえるものです。

更にもう一つのポイントは肩たたき券を使っておじいちゃんおばあちゃんと触れあえること

敬老の日のあとに早速使ってもらって、お喋りをしながら肩を叩いてあげれば喜んでもらえること間違いありません。

 

3.2週間で練習しよう!「手作り料理・お菓子」

敬老の日までの2週間で、手作りのお菓子や料理」を作ってみるのはいかがでしょう。

あまり料理やお菓子作りが得意ではない人でも大丈夫。2週間あれば充分練習できます。
例えばクッキーなどのあまり難しくない焼き菓子なら、あまり材料費もかからず練習できます。
売っているものほどではないですが多少日持ちもするので、成功したものを可愛くラッピングしてプレゼントできます。

余裕があるなら、手作りメッセージカードなどを一緒に添えるとより嬉しいプレゼントになることでしょう。

 

4.日頃の感謝を絵と文字で伝えよう!「手作り色紙」

少し大人向けの敬老の日プレゼント「手作り色紙」
 絵と筆文字で絵手紙風の色紙を作るなどして、日頃の感謝を伝えましょう。
お孫さんやお子さんの数が多いなら、寄せ書き風にするのもいい方法です。
もしくは、思い出の写真を集めてプリントし、貼り付けてアルバム風にするのもオススメ。

応用のきく手作りプレゼントです。心をこめて作りましょう。

 

5.写真や感謝のメッセージを中に入れよう!「手作り写真立て」

簡単に作れるキットが売っていたり、作り方がインターネットに載っていたりする「手作り写真立て」

敬老の日に思い出深い写真やメッセージの入った写真立てをプレゼントされて、喜ばないおじいさんやおばあさんはいません

小さいお孫さんにはメッセージを書いてもらい、大きくなったお孫さんが写真立ての部分を作るなど分業して手作りもできます

 親族が揃った写真や、孫一同からのメッセージを添えて贈りましょう

仲良し

 さて、2週間あれば作れる敬老の日の手作りプレゼントを5つ書いてきました。

 年に一度、おじいちゃんやおばあちゃんに感謝の気持ちを伝えられる日です。

照れくさくても少しいびつな出来でも気にせずに、思い切って手作りプレゼントを贈ってみましょう。
きっとみんな笑顔で敬老の日を迎えられるに違いありません。


Sponsored Link