敬老の日に花を贈りましょう。

贈り物として古くから好まれているのが、ですね。

季節によって、さまざまな花が贈られます。

花はどなたが受け取っても喜ばれるものです。

しかしただ単にどんな花でもいいというものではありません。

花を贈る場合には、贈り手の思い、メッセージがその花に込められているものです。

そうした花によるコミュニケーションもまた、素晴らしいものです。

誕生日、結婚式、入学式や卒業式など、特に人生の節目になる日には、よく花が贈られます。

敬老の日にりんどうの花が贈られる理由は?

敬老の日に、みなさんは何を贈るでしょうか?

敬老の日には、お年寄りの方に喜ばれるものを贈りたいものです。

20140901-1

その意味でも、敬老の日にふさわしい贈り物として、花をあげる人も多いのではないでしょうか?

敬老の日には、プレゼントを贈るという人も多いと思います。

しかし敬老の日に何を贈ったらいいのかわからない、という人も少なくないでしょう。

いざプレゼントしようと思って迷った時には、やはり花を選ぶのがいいのではないでしょうか。

実際、敬老の日にも、やはり花がよく贈られます。

敬老の日に贈られる花として今では定番となっているのが、りんどうです。

りんどうが敬老の日に贈られる花として選ばれる理由は、2つあります。

ひとつは、りんどうの根の部分が、とても効き目の高い薬として重宝されていたということです。

そしてもうひとつは、歴史上の人物として有名な聖徳太子が、官吏の位を上位から紫、青、赤、…としたということです。
つまり紫が最も位が高く、気品があり尊敬に値する人にふさわしいということから、りんどうの花が敬老の日に贈られるようになったようです。

歳を重ねたお年寄りの方に尊敬の念とともに、いつまでも元気で長生きしてほしいという願いを込めて、多くの人が敬老の日にりんどうの花をプレゼントされるようです。


Sponsored Link

プレゼント用品としてのりんどうは?

ギフト用のりんどうの花は鉢植えタイプのものが多いそうです。

屋外だけでなく、お部屋の中に飾っても、とてもきれいなものとなっています。

20140901-3

しかし単なる鉢植えの花だけではありません。

ギフト用としてとてもユニークな商品が販売されています。

けいとう、ばら、なでしこなどと組み合わされた、いわゆる寄せ植えタイプのものも好評です。

とてもカラフルで、インテリアとしても美しいものです。

鉢植えのりんどうに、和菓子やカステラ、それにメロンなどの高級フルーツを組み合わせたタイプの商品も人気です。


Sponsored Link