Sponsored Link

秋の気配を感じて

最近は雨が多いせいか涼しくなってきました。
いつの間にか虫の音も聞こえるようになり、
なんとなく秋を感じはじめました。

 


Sponsored Link

立秋すぎましたね

そういえば、もう立秋(2014年8月7日)すぎましたね。
いままでとても暑かったので、
秋がもうそこまで来ているのに気づきませんでした。

 

まだまだ真夏のつもりでいました。
でも本格的な秋になるのは9月半ばでしょうか。
秋の紅葉が楽しみです。

紅葉

雑学しましょう!!

今回は秋ということで、
雑学で秋の七草の覚え方を紹介しようと思います。

 

春の七草と秋の七草

春の七草は皆さん知っていますよね。
春の七草粥を食べるのは行事の一つのようですよね。

 

秋の七草もあるそうです。

秋の七草写真

秋にもおかゆを食べるのかと思っていたら
それは間違えのようで、

秋の七草は目で楽しむ観賞用のようです。
(食べちゃだめですよ。笑)

 

行事ではないようですが、
秋の七草があるようです。

 

秋の七草はどんな?

秋の七草をご紹介します。

といってもあまり詳しくないので、
こっそり調べちゃいました(笑)

 

女郎花(オミナエシ)
尾花(オバナ/ススキのこと)
桔梗(キキョウ)
撫子(ナデシコ)
藤袴(フジバカマ)
葛(クズ)
萩(ハギ)

この七つで秋の七草です。
桔梗とかはよく浴衣の柄になっていたりして、
親しみを覚えます。
花としてもきれいですよね。

 

どの名前も秋を感じさせてくれる
いい響きがあるように思います。

 

秋の七草も覚えよう

ススキ2

春の七草は昔からなじみ深いので、覚えている人も多いと思いますが、
秋の七草を覚えている人は少ないかもしれませんね。
この機会に秋の七草も覚えてはいかがでしょう。

 

簡単な覚え方!

どうやって覚えようか考えたのですが、
思いつかなかったので、

 

簡単な覚え方を探しました。

 

覚え方はやっぱり頭文字をとった語呂合わせのようです。
覚え方のコツはリズムよく繰り返して覚えることです。

 

語呂合わせ2つ

お好きな服は

語呂合わせ2つありました。

1つ目は

『お好きな服は?』です(オバナはススキのほうで読んでください)

2つ目は

『ハスキーなお袋』です(これもススキのほうで読んでください)

 

どちらでもすきな覚え方で覚えてくださいね。

 

「ハスキーなお袋」がインパクトがあって、
記憶にのこりそうです。

 

あとは、実際の花を頭に思い浮かべて覚えるのがいい覚え方だと思います。
花に興味をもてば、覚えやすくなると思うので、覚え方に取り入れてみてください。

 

自慢しましょう!

語呂合わせの覚え方を使って、秋の七草を覚えて
散歩のときなどに子供に教えて自慢しちゃいましょう。

 

人ときそって覚えてみるのもいい覚え方かもしれません。

新しい語呂合わせを考えて、覚え方の幅を広げるのも楽しいですね。

 

秋の七草の魅力

桔梗

秋の七草は観賞用なだけあって、花がきれいです。

皆さんも観賞しながら、秋の七草を覚えてみてください。


Sponsored Link