もう一つの敬老の日の役割!!

9月は敬老の日ですね。

敬老の日はおじいちゃんとおばあちゃんに感謝する日ですが、

それだけではなく、若い人に高齢者の福祉に関心をもってもらって、

生活の向上をねらう目的があるようです。

 

関心をもってもらうために、

敬老の日にはおじいちゃんとおばあちゃんも孫にいろいろ教えてあげる

日でもあるのかもしれません。

 

 

子供のうちから高齢者には感謝をして、

敬う気持ちを育てていくことは、いずれは高齢者になっていく

若い人にっても大切なことだと思います。

 

敬老の日はおじいちゃんとおばあちゃんにプレゼントを

あげたり、感謝をしたりしますが、

おじいちゃんやおばあちゃんにとっても孫に

高齢者の生活がどんななのか関心をもってもらう絶好の機会ですね。

 

敬老の日を利用して、

次世代をになう子供たちにいままで伝えられなかったことを

伝えてみるのもいいかもしれません。

 

孫になにをつたえますか?

何を伝えるのかは人それぞれだと思いますが、

保育園などに通っている孫をもつおじいちゃんとおばあちゃんなら、

敬老の日にちなんで、

孫に伝える昔の遊びを教える会などを体験したことはないでしょうか。

 

こういう会は手遊びや外遊びなどを通じて、

おじいちゃんとおばあちゃんと遊び、

信頼関係を深めることができそうです。

 

 

敬老の日などに孫が遊びに来たらなにをして遊んだらいいのでしょうか。

今の子供は早くからスマートフォンのゲームなどの遊びを覚えてしまっています。

 

そのゲームの世界は刺激的で、

昔ながらの遊びは喜んでもらえないと考えている方もいるでしょう。

孫との遊び方がわからなくなっている方もいるかもしれません。

 

大丈夫です!

 

多くの子供は、

いままで体験したことのないことにも興味を持ちます。

 

 


Sponsored Link

手遊びはいかが?

おもちゃがない場合でもできる手遊びからはじめてみるのはいかがでしょう。

保育園や幼稚園でもやっているので、

小さい子供ほど、手遊びは人気だと思います。

 

手遊びの魅力は道具がなくてもできることです。

簡単な歌に合わせて手を動かすのが手遊びのようですから、

知っている手遊びがあれば教えてあげてほしいと思います。

 

知らなくても好きな歌に合わせて考えてみてはいかがでしょう。

敬老の日に新しい手遊びを小さな孫と一緒につくってみても楽しそうですね。

 

 手遊びのいいところ

手遊びには他にもいいところがいっぱいあるそうです。

歌に合わせて手を動かすことによって、基本的感覚やリズム感、反射機能や

記憶系を鍛える効果があるそうです。

手遊びは一人でやることはないので、信頼感や安心や集中力もそだてることができる

そうです。

 

 

手遊びを教えてほしい理由!!

手遊びで遊ぶ

もう一つ手遊びを教えてあげてほしいと思う理由は、

女性は子育てをすることが多いので、

その時に小さい頃に覚えた手遊びがあれば、

子供と遊ぶ手段になるからです。

 

男性でも同じことがいえます。

最近は男性も子育てに協力してくれる人が多いので、

手遊びを知っていれば役にたつかもしれません。

 

 

手遊び自体にもいい効果があるので、

孫と一緒に楽しみながらやってみてはいかがでしょう。

 

こんな遊びも人気! 

敬老の日などに手遊びの他にもおすすめの遊びが、

竹とんぼやおてだまやヨーヨーなどです。シャボン玉も子供に人気です。

男の子と女の子で教える遊びは違うかもしれませんが、喜ぶと思います。

将棋に興味のある子供もいるようです。

 

 

敬老の日にはぜひいつもと違う遊びを教えてあげてください。

子供には触れ合いの中から学び、

愛情を感じる時間になると思います。

 

 

敬老の日をいい一日にしてください。


Sponsored Link