Sponsored Link

染めても染めても生えてくる白髪。

ちょっとした生え際や部分的な色落ちのために 毎回美容院へ行くのも
結構なコストがかかりますよね。

美容院に行くほどでもない白髪染めは
ドラッグストアなどで購入できるセルフタイプの白髪染めを用い
自宅のお風呂場で済ませてしまうという方も多いのではないでしょうか。

しかしその時に気がかりなのは、
一度付いてしまうと容易には落とせないお風呂場の汚れ。

そこで今回は、自宅のお風呂場で白髪染めをした際の
汚れの落とし方についてまとめました。

 

まずは汚れの予防から

お風呂場の床には開いたポリ袋を敷き詰め、 壁一面には新聞紙を貼り付けます。

床のポリ袋は排水の妨げにはなりませんし、
壁面の新聞紙は飛び散った白髪染め液のしずくを吸い、
床に垂れるのを防いでくれます。

また、汚れの予防を重視するのであれば
放置時間が長く染まる力の強いクリームタイプや泡タイプではなく、
シャンプータイプやトリートメントタイプの方がおすすめです。

2白髪染め お風呂 汚れ


Sponsored Link

それでも汚れてしまったら?

事前に上記のような予防策をとっていても、
汚れを完璧に防ぐのはなかなか難しいですよね。

もしお風呂場の床や壁に白髪染め液の汚れが残ってしまったら
以下の方法を試してみてください。

塩素系の漂白剤(カビキラーやキッチンハイターなど)
キッチンペーパーやコットンに染み込ませ、
その上からラップで覆い、30分~1時間ほど放置して洗い流す

手肌を守るため、必ず手袋をして行いましょう。

霧タイプや泡タイプのものであれば、
キッチンペーパーの上から吹き付けるだけで床や壁に密着するので
より手軽に掃除できます。

いずれの場合も、換気をしっかりして行いましょう。

除光液やクレンジングクリーム、自動車用のコンパウンドなどで磨く

メラミンフォーム(激落ちくんなど)にお酢をつけて磨

ただし、曇り止め加工をしてある鏡などには使えません。

加工が擦り傷ではげてしまい、鏡の機能が失われます。

こんな荒ワザも!

お風呂場の洗い場ではなく、
あらかじめ水で濡らしたバスタブの中に頭を突っ込みます。

しずくが壁に飛び散らずバスタブの中で収まるように、
シャワーの水圧を弱めて優しく白髪染め液を流します。

あとはバスタブ内にしずくが飛び散っていないかを常に確認し、
汚れを見つけたらすぐにいつもの要領でバスタブの掃除をします。

また、髪が短ければ台所のシンクで流すという方法もあります。

白髪染め お風呂 汚れ2

おわりに

いかがでしたか?

お風呂場の汚れを落とす手間や時間を考えても、
やはり安価な価格で済ませられる市販の白髪染めは、魅力的ですよね。

スマートなお掃除方法を見つけて、より手軽におうちケアをしたいですね。


Sponsored Link