ムシ歯にはなったことがあるけど歯周病にはなったことがない、という方は多いのではないでしょうか?

もしかしたら気づいていないだけで歯周病にかかっているのかもしれません。

ムシ歯の予防法はよく聞くけど歯周病の予防法は良く知らない、というあなたのために歯周病の予防法をご紹介します。

歯周病にはどうしてかかる?

歯周病とは歯についた歯垢の中にいる歯周病菌が原因となって起こる病気です。

口の中にすんでいる歯周病菌が悪い毒素を出し、歯ぐきの腫れや出血、口臭や口の中のネバつきなどといった不快な症状を引き起こします。

i1

なぜ歯周病にかかるのでしょうか?

それは口の中に歯周病菌がいるからです。

歯みがきの仕方が悪いのか?

それもありますが、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの溝の中にすんでいる歯周病菌もいますので歯みがきだけではきっちり予防をすることは難しいです。

また毎食後、きっちりと歯みがきをして汚れを落とすことも時間的に難しいでしょう。


Sponsored Link

ガムをかむといい!?

ご自身で汚れを落とすには歯みがきは大切ですが、

汚れには「落としやすい汚れ」「落としにくい汚れ」

があります。

「落としにくい汚れ」

というのは、歯ブラシで何度こすってもなかなか歯から離れない、ネバネバした汚れです。

一方、「落としやすい汚れ」

というのは、さらさらして歯ブラシでこすってすぐ落ちる汚れです。

歯の表面がくすんで、こんもりと汚れが乗っている人は「落としにくい汚れ」でしょう。

汚れの性質が違うだけで歯みがきの効率が変わってきます。

そこで汚れの性質を変えてくれるのが「キシリトールガムなのです。

pho_xyl_l

キシリトールガムはムシ歯の予防にいい、とよく聞くと思います。

それはムシ歯菌の力を弱めて汚れの性質をネバネバからさらさらに変えてくれるため、効果的と言われています。

歯周病菌に直接働きかけるワケではありませんが汚れを落としやすくしてくれるため、キシリトールガムを咬むことで歯みがきがしやすくなり、歯周病予防につながります。

1日2粒程度でいいですので食後などにかむといいでしょう。

食生活も関係する!?

歯周病予防には食生活も大切になってきます。

ムシ歯予防でもそうですが、糖分の多い食べ物を食べることによって酸が作られてムシ歯菌や歯周病菌が作られやすい環境になってしまいます。

そのためだらだら食べない食べ過ぎない、ことが大切です。

 

また食事の時はよく咬むことが大切です。

しっかり咬むことによって唾液がたくさん分泌されるため、汚れを唾液が洗い流してくれる効果を期待できます。

また唾液には殺菌作用もあるため中には殺菌される歯周病菌もあります。

もちろんガムを咬むことで唾液の分泌は促進されます。

最近はあまり咬まずに飲み込んでしまう人が多いですので1口30回は咬むように意識しましょう。

 

歯周病にかかってしまったら歯医者さんで治療を受ける必要がありますが、

予防のため、また進行を少しでも食い止めるためにご自身でできることはあります。

食生活習慣を見直し、お口の中の健康向上に努めましょう。


Sponsored Link