お盆は日本独特のものであり
    伝統的なものでもあります。
    今日は浄土宗のお盆の飾りについて、ご紹介します。

     

    「盆花」

    精霊棚に逆さにつるす花のことを盆花といいます。
    一般的に枝豆、ガマの穂、ほおずきがあります。

     


    Sponsored Link

    「きゅうりの馬、ナスの牛」

    080820obon

    きゅうりの馬は、馬に乗ってでも早く来てほしいという気持ちの表れ
    ナスの牛は、ゆっくりと帰ってくださいという気持ちの表れです。
    のちほど紹介する迎え火や送り火と似ているものがありますね。

     

    「白提灯・盆提灯」

    初盆とそうでない場合のものがあるので注意です。
    こちらも先祖の霊が迷わないで家まで帰ってこれるように
    という気持ちがこめられています。

     

    「迎え火」

    20100306_701911

    お盆になると浄土宗の家の玄関先に
    先祖の霊への目印として
    折った苧殻を井ゲタに積んだ上に燃やして飾ります。

     

    「精霊棚」

    浄土宗では、お盆の間は飾りをすべて仏壇から出して扉を閉め
    仏壇の前に飾り付けをします。
    そのお盆の時期にのみ飾り付けられる祭壇を精霊棚といいます。

    仏壇から取り出す飾りは
    ご本尊、脇侍、吊灯篭、瓔珞
    仏器、茶湯器、打敷、高坏、五具足、香などです。

    打敷はお盆の時だけ使用します。

     

    「盆提灯」

    精霊棚の左右に浄土宗の先祖の霊がわかるように飾ります。
    一般的には絵柄がついた盆提灯が多いです。

     

    「棚経」

    お盆中に浄土宗のお坊さんにお経をあげていただくことをいいます。
    その際には浄土宗の家族全員で後ろに座ります。

    また新めてお盆を迎える初盆の家庭では親族などを呼んで故人の供養をします。
    故人が好きだった料理や精進料理で、もてなします。

     

    「送り火・精霊流し」

    浄土宗では、お盆明けに送り火や灯篭流しが行われます。
    送り火は祖先の霊が迷わないようにと灯される飾りのことです。

    また、送り火の1つとして精霊流しがあります。
    精霊流しの精霊船は
    初盆の浄土宗の家だけが飾りを用意します。

    dai2002

    さらに五山送り火もお盆のお送りの行事の1つです。
    大文字の送り火とも言われ、ニュースでも毎年放送されています。

     

    これはあくまでも浄土宗のお盆の飾りです。

    浄土宗化どうか宗派によって違いがありますし
    地域や風習によって様々ですので
    ご確認を忘れずに行なってください。

    ちなみになかには団子を用意するところもあります。
    名前も様々で「お迎え団子」と呼んだり
    「お供え団子」「おちつき団子」などと呼びます。

    手作りする風習もありますが
    スーパーでも販売されているので
    そちらをお供えすることも多いようです。


    Sponsored Link