紫陽花の花の最大の楽しみは、色が変化していくところではないでしょうか。

    でも変化してしまうということは
    1つの色に定まらないということでもあり
    「この色の紫陽花を咲かせたい!」とお考えの方もおられるはずです。

    そこで今回は、紫陽花の色の変化はどうして起こるのか
    色の変化はコントロールできるのか
    ということについてお話したいと思います。

     

    紫陽花の花の色が変化する原因は大きくわけて2つ!

    fdb7e0ba98c0998ba21af3e011041e19_m

    紫陽花の花言葉は「移り気」だそうです。
    また、紫陽花の別名は「七変化」と辞書に載っているそうですよ。
    おもしろいですね。

    では、どうして紫陽花は色を変化させながら咲くのでしょうか。
    その原因とされているものが2つあります。

    まず1つめの原因は、紫陽花の老化現象です。
    咲き始めの頃の紫陽花はガクの中の葉緑素のおかげで緑色をしています。

    しかし、紫陽花の色素が少しずつ分解されることで緑色は徐々に薄くなり
    アントシアニンという色素によって青色や紫色に変化していくのです。

    最盛期を過ぎた紫陽花は
    細胞に二酸化炭素がたまることで
    次は赤みを帯びた色へと変化していくのです。

    紫陽花の色が変化する2つめの原因として考えるのは
    土に含まれるアルミニウムイオンのせいです。

    水を吸い上げる際に紫陽花はアルミニウムイオンも吸い上げるのですが
    この量の違いによって色が変わっていくのです。
    では、どうして同じ土に咲いている紫陽花でも色に違いがあるのでしょうか。

    これは、その紫陽花が吸い上げる水の量
    つまり吸い上げたアルミニウムの量が違うからです。

    たくさん水を吸い上げることのできる紫陽花は青色をしていますが
    あまり水を吸い上げられない元気のない紫陽花は赤色へと変化していきます。
    青色の紫陽花は若くて元気だと言うことができますね。

     


    Sponsored Link

    青色の紫陽花が多いのは日本特有?

    0dba9a4b2da327da389f84c836f8c894_m

    日本では青色の紫陽花が多く見受けられますが
    実は外国では赤色の紫陽花が多くなっています
    これは、日本が火山国で雨が多く、土が弱酸性の傾向にあるからです。

    ちなみにオレンジ色やスイートピー色の紫陽花が出回っていますが
    これは紫陽花が吸い上げる水の中に絵具を混ぜ
    青色から色を変化させて作られたもので、自然の変化ではありません。

     

    紫陽花のように花の色が変化する植物はそう多くはありません。
    どんな色になるか、いろんなことを試しながら
    紫陽花の色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

    紫陽花は切り花では色の変化が起こらない為
    根がついたままの状態での変化を楽しんでくださいね。


    Sponsored Link