コネクションズ(ConeXions)

知恵と知恵を人生に繋げるコネクションサイト

紫陽花の剪定の時期はいつ?梅雨に美しく咲くために必要なこと

   

Sponsored Link

紫陽花は梅雨の時期にとても美しい花ですよね。
その紫陽花を自分で育てるとしたら
大切なのが剪定の時期です。

紫陽花の剪定の時期をはじめとした
梅雨に美しく咲くために必要なことを
ご紹介します。

 

剪定とは何?なんのために?

そもそも、花を育てる上で剪定とはなんのでしょうか。
そして、何のために行うものなのか。

剪定というのは
樹木の枝を切って形を整えたり
風通しを良くして育てやすくすることです。

キレイに剪定してあげることで
また来年も花を咲かせるという役割もあります。

紫陽花の場合には
剪定というのは必ず必要なことではありません。
放っておいても紫陽花はすくすく育ちます。

しかし、株が大きくなってしまったり
花の位置が高くなってしまったりといったことを防ぐために
紫陽花の剪定は必要なのです。

自宅で育てる時には
周りに迷惑をかけないためにも
紫陽花の選定作業は必須ですね。

 

紫陽花の剪定の時期と方法

剪定で大切なのは行う時期です。
植物というのは季節によって状態が変わるので

それに合わせて剪定も行わなければ
最悪植物が枯れてしまうこともあります。

紫陽花の剪定は2回行います。
1回目は花後すぐで、花が咲き終わったあとに
花から2~4枚の葉の位置で枝を切り詰めます。

Sponsored Link

花片が裏返っているものを切ると良いでしょう。
8月中には次の年の花芽ができるので
7月末までには1回目の剪定を行いましょう。

2回目は秋の初めです。
1回目の剪定後の場所に新しい芽がはえています。

そのすぐ下の葉の付け根に来年咲く花ができるので
その上を切り詰めるようにしましょう。

剪定を行う時には
来年の花芽を切り取らないように気をつけましょう。

 

その他の剪定方法

上記以外にも
枝をこれ以上上に伸ばさないように
低くするための剪定もあります。

植物の枝にはというものがあります。
人間で言う関節みたいなものです。
この節に注目してください。

紫陽花ではこの節の一番下を残して
そこから上は全部切り取ってしまうことで
株を低くすることができます。

これをしてしまうと
次の年には花は咲かず
開花は3年後となってしまいます。

しかし、もう一度しっかり紫陽花を育てたい
というときや大きくなりすぎたときは
一番下の節だけを残して剪定してしまうという方法も有効です。

普段の剪定でも
この節のちょっと上を切ることがポイントです。
節に注目して剪定をおこないましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?
紫陽花の剪定の時期や方法についてご紹介しました。

憂鬱になりがちな梅雨の時期に
ほっとほおがゆるむような
美しい紫陽花を育てるために

正しい時期と方法で
剪定を行うようにしましょう。

Sponsored Link

 - コネクションズ, 雑学 , ,