衣替えの季節になって
    しまっておいた衣類をウキウキと取り出したら
    あれ、なんだかかび臭い!なんてことありませんか?

    そんなことがないように
    衣類がカビや臭いの対策をご紹介します。

     

    カビ臭い衣類の対策

    まずは、カビ臭い衣類の対策です。
    カビが付いている、臭いだけがついている
    どちらにしてもまずは洗濯をしましょう。

    カビを落とすために洗濯をすること
    さらに酸素系の漂白剤を使用して
    臭いもしっかりと落としましょう。

    ちゃんと洗濯や臭い落としをしたあとであれば
    ほかの衣類と一緒にしておいても
    臭いが移ってしまうということはありません。

     


    Sponsored Link

    カビ臭いクローゼット・タンスの対策

    さて、衣類のカビの臭いが取れたら
    大本であるクローゼットやタンスのカビ
    そして臭いを取らなければなりません。

    まずは中身を全部だし
    固く絞った雑巾にエタノールを染みこませて
    しっかりと拭き、消毒殺菌を行います。

    抗カビ加工ができるスプレーなどもあるので
    ホームセンターなどで
    防かびグッズを探してみましょう。

    このあと、クローゼットやタンスはしっかり渇かしましょう
    カビの原因は湿っぽいこと。
    消毒してそのまま入れてしまえば全く意味がありません。

    カビを退治して渇かす、
    衣類と同じようなことですが
    これが最も大切なことです。

     

    カビ臭い衣類にならない対策

    カビ臭い衣類やクローゼット・タンスへの
    対策はわかりましたが
    そうならないためにはどうしたら良いのでしょうか。

    それはカビを生やさないこと、それだけです。
    そのためには、ちゃんと除湿をすることが大切です。

    しばらく衣類をしまっておく
    というときには除湿剤を入れておくようにしましょう。

    衣類は完全に乾いてからクローゼットやタンスに入れます。
    半乾きくらいで大丈夫かな、とやると
    カビ臭くなってしまいます。

    完全に乾いてから洗濯物は取り込みましょう。
    臭いが気になる人は衣類の消臭スプレーなどを利用しましょう。

     

    おわりに

    梅雨が近づきジメジメとする季節には
    恐ろしいカビ。

    衣類もしっかりとカビや臭いの対策をして
    さっぱりとして梅雨を過ごせるようにしましょう。


    Sponsored Link