コネクションズ(ConeXions)

知恵と知恵を人生に繋げるコネクションサイト

柏餅の葉っぱの種類って?どうして巻くの?どんな効果があるの?

   

Sponsored Link

5月5日の端午の節句に食べられる柏餅
あんこがたっぷり入っていてとてもおいしいですよね。

そんな柏餅を巻いている葉っぱの種類はいったい何?
どうして巻くの?どんな効果があるの?
なんて気になったことはありませんか。

5月5日はこどもの日でもありますから
こどもにそんな疑問を投げかけられたときにしっかりと答えられるよう
柏餅についてアレコレ知っておきましょう!

 

柏餅の葉っぱの種類は?

柏餅という名前からもわかるとおり
柏餅の葉っぱはそのほとんどがの葉っぱです。
柏だけではなくサルトリイバラの葉っぱを巻くこともあります。

柏はお餅をくるみ
サルトリイバラはお餅を挟んで使用します。

ホオノキ、ナラガシワ、コナラなどを
利用する地域もあり
柏餅の葉っぱと言っても柏以外が使われることもあるのです。

また、端午の節句には柏餅以外にも
ちまきいばらもちを食べる地域もあります。

端午の節句と言っても
柏の葉っぱの柏餅だけではないのですね。

 

どうして柏の葉っぱを巻くの?

柏餅にいろんな葉っぱが使われるとはいえ
やはり柏餅といえば柏の葉っぱが多く使われます。
では、どうして柏の葉を巻くのでしょうか。

柏の葉というのは
新芽が出てくるまで古い葉が枯れません

Sponsored Link

このような様子から
新しい命が自立するまで見守っているようなイメージがわきますよね。

こういった子孫繁栄という縁起を担いで
柏の葉っぱを巻くようになったと言われています。

また、柏というのは神が宿る木とされているため
柏の葉を使うことは演技がよいとされているのです。

 

柏餅の葉っぱの効果とは?

実用的な面でも
柏の葉っぱを使うことは理にかなっています。

柏の葉には抗菌作用があります。
柏餅を包むことによって菌から守ってくれるのです。

また、柏餅を食べる時は
ふわっとよい木の香りがしますよね。
これも、柏の葉っぱの効果なのです。

柏の葉っぱに含まれている
フィトンチッドと呼ばれる揮発性物質により
森林の中にいるような爽やかな香りを出します。

食べ物というのは味がおいしいことはもちろんですが
香りが良さ衛生的であることも大切ですよね。

柏の葉っぱというのは
そんな食べ物に大切な役割を果たしてくれているのです。

 

おわりに

柏餅の葉っぱの種類や効果についてご紹介しました。
今度柏餅を食べる時には味だけではなく

日本の文化的なことから
実用的なことまで考えて
食べて見るのも良いですね。

Sponsored Link

 - コネクションズ, 行事 , ,