季節のご挨拶としてかかせない
    お中元やお歳暮の贈り物。

    実は北海道はお中元の時期が違うことをご存じでしょうか。
    北海道に引っ越したときに恥をかかないように
    お中元事情を知っておきましょう。

     

    お中元とはどんな行事?

    お中元というのはそもそもなんなのか。
    もともとは中国三大宗教のひとつである道教の行事で
    三元とよばれる節日の上元、中元、下元のうちのひとつです。

    これが日本に伝わり
    盂蘭盆会の文化と合わさって
    現在ではお盆のころにお中元の贈り物をします。

    両親や仕事関係の人まで幅広く
    お世話になっている人への感謝の気持ちを込めて送るのです。

    現在では事前に百貨店やデパートなどで予約して
    時期を指定して送ることができます。
    便利な世の中になりましたね。

    お中元の時期としては
    旧暦の7月15日頃とされています。

    旧暦の7月を現代の暦に当てはめると
    7月下旬~9月上旬、お中元の時期もこの頃です。

     


    Sponsored Link

    北海道のお中元の時期は?

    先述したように北海道のお中元の時期というのは違います。
    ちょっと早めなのです。

    およそ7月15日~8月15日ごろに
    北海道のお中元はおくります。

    しかし、実際にはもっと早くから予約も始まり
    届くのも7月上旬という場合もあるのだとか。

    北海道のお中元の時期は早めと考えておいて
    なるべく早めに予約や準備をしておきましょう。

     

    北海道以外もお中元の時期が異なる?

    先ほどから北海道のお中元の時期は違う!
    と書いてきましたが
    実は地域によっても結構バラバラなのです。

    傾向としては
    南に行けば行くほど時期が遅めになっていきます。

    早いところでは北陸で7月1日~7月15日まで。
    遅いところでは九州で8月1日~8月15日となっています。

    実は北海道は7月15日~8月15日と中間なのですね。
    1番北の都道府県なのに
    時期は真ん中というのはちょっと面白いですよね。

    地域によって違うので
    自分が住んでいる場所や相手の住んでいるところなどを考慮して
    被る時期に送るというのがよいかもしれませんね。

     

    おわりに

    いかがでしたか?
    北海道のみならず日本全国で
    お中元の時期というのは若干異なるのですね。

    早すぎたり遅すぎたりしないように
    時期を見計らってお中元をおくるようにしましょうね。


    Sponsored Link