コネクションズ(ConeXions)

知恵と知恵を人生に繋げるコネクションサイト

蛍光灯の紫外線の量ってどうなってるの?紫外線のあれこれを知る!

   

Sponsored Link

日が長くなってきて暖かくなる日も増えてきましたね。
そんなときに気になるのが紫外線

紫外線はシミの原因にもなってしまいますし
肌にとっては大敵ですよね。

外には紫外線対策はばっちり!
でも室内でも蛍光灯で紫外線を浴びている?!

そんな気になる
蛍光灯の紫外線の量についてまとめました。

 

紫外線とはどんなもの?

紫外線は肌に悪いとは聞いたことがあっても
実際どのように悪いのか
ということを理解している人は少ないのではないでしょうか。

まずは、紫外線について知っていきましょう。

私たちの目は光を捉えること
物の色を見極めます。

しかし、人間には見えない光もあるのです。
それが紫外線です。赤外線というのもそれです。

この紫外線は
しわ、しみ、ソバカス、かさつき、炎症など
肌の悪化を引き起こす原因となっています。

人間の目には見えないのでわかりづらいですが
最近では肌のために日光に対しての紫外線対策をすることも多いですよね。

ツバの広い帽子を被ったりUVカットの日焼け止めを塗ったり
外出する際の紫外線ケアというのは
わりと日常的になってきています。

 

蛍光灯の紫外線の量は?

日常的に紫外線を浴びている、といって思いつくのは
やはり外の日光ですよね。

室内でも紫外線を浴びているってご存じですか?
というのも部屋を照らしてくれる蛍光灯も紫外線を放出しているからです。

Sponsored Link

とはいってもその量は少なく
日光の1000分の1ほどです。

なのでたいていは蛍光灯の紫外線というのは
気にしなくても良いものなのです。

ちょっとでも紫外線を避けたい!
という人はLEDがおすすめです。

完全に紫外線をシャットアウトできるわけではありませんが
蛍光灯よりも紫外線が少なくなっています。

 

悪いばかりじゃない紫外線

こうして聞くと
日光を避けてなるべく家で過ごした方が肌に良い気がしますが
紫外線は悪いことばかりではありません。

天気の良い日に布団を干すことってありますよね。
あれは通気性を良くするだけではなく
日光による殺菌効果があるのです。

その殺菌効果を生かして
紫外線灯というものも存在します。
紫外線は良い利用もたくさんされているのです。

人の肌には良いとは言えませんが
日光は体に良いとされています。

自律神経を整えたり
幸せを感じるホルモンとされているセロトニンが出る
とも言われています。

紫外線対策はしっかりして
適度に日光を浴びて健康的な身体を作りましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?
日光だけではなく
蛍光灯にも紫外線があるとは驚きでしたね。

家の中でも外でも紫外線のことを気にしつつ
ときには利用しながら過ごせると良いですね。

Sponsored Link

 - コネクションズ, 健康 , ,