カビは発生場所によって対処法が異なります。
    つまり、お風呂場に発生したカビと
    木材に発生したカビではその除去の仕方が違うのです。

    今回は、木材についたカビはどうしたらいいか
    対処法をご紹介したいと思います。

    5d7c16755dbad074d531c6fa68f896a2_m

    木材のカビを除去する方法

    木材に発生したカビは湿り気がない状態のため
    水分を含ませずにそのまま拭き取ります。

    濡れた布などで拭き取ってしまうと、カビが除去できるどころか
    木材に染み込んで広がってしまい、カビの色が取りづらくなってしまうのです。

    そこで、こういった木材のカビは掃除機で吸い取る方法をおすすめします。
    カビの色がきれいにとれるので見た目が綺麗になりますし
    後にエタノールでカビの除去と消毒をする際にも作業が行ないやすくなります。

    044387


    Sponsored Link

    木材のカビを掃除機で除去する際に気を付けたいこと

    掃除機でカビを吸って除去する際には
    木材のカビにノズルを強く押し当てないことが大切です。

    また、掃除機の排気口を部屋の内部ではなく窓の外に向けておきましょう。
    窓を開けておけば安心です。
    除去できたカビが掃除機の排気口から部屋へ浮遊するのを防ぐためです。

    もちろんカビを吸い取った掃除機のごみはすぐに捨てておきましょう
    掃除機から逆流してしまうと意味がなくなってしまいます。

     

    掃除機では除去できなかったカビは?

    掃除機でカビの胞子を吸い取っても
    まだ付着している場合は
    木材が充分に乾燥していることを確認し、漂白剤を使用して除去します。

    使用するのは一般的なお風呂用の漂白剤
    木材に染み込ませた後に布をかぶせ
    その上から再び漂白剤を染み込ませます。

    最後にビニールやサランラップでその箇所を覆い
    漂白剤が流れてしまったり
    すぐに乾いてしまうことを防ぎます。

    漂白が終わったら水洗いをして、充分に乾燥させます。
    仕上げに消毒用アルコールをスプレーしたら終了です。
    アルコールは除菌効果があるため、カビの除去に効果を発揮します。

    きれいな部屋で毎日を過ごしたいですね。
    カビはしっかり除去しましょう。
    木材のカビだって、こうしてきれいにできますよ!


    Sponsored Link