気になるカビを除去する際には、エタノールが大活躍します。
    エタノールには、たんぱく質を分解する作用があるためです。

    毎日の掃除にうまく取り入れてカビの除去をしていただけるよう
    今日はエタノールのことを少しご紹介したいと思います。

    名前は聞いたことがあるけれど
    実際に使ったことがないという方、必見です!

     

    そもそも、エタノールとは?

    エタノールには2種類あり
    無水エタノールは、99%がエタノールというもの
    消毒用エタノールは、無水エタノールを80%に薄めたものを指します。

    無水エタノールの方がエタノールの割合が大きいので
    カビの除去に適していると考えてしまいがちなのですが
    実は、水分を全く含んでいないために殺菌効果がありません

    水でエタノールを薄めた無水エタノールの方がカビを除去する効果は高く
    エタノールを水で薄める手間もかからないため
    購入は消毒用エタノールがおすすめです。

    00211c1218edbb69001adf5c1a6d7138_m


    Sponsored Link

    エタノールを使える場所は?

    消毒用エタノールの場合は、そのままをスプレー容器に入れます。
    無水エタノールの場合は、水:無水エタノールを2:8の割合で薄めて
    その薄めたエタノールをスプレー容器に入れます。

    エタノールはアルコールですので
    カビ除去はもちろんのこと
    水が使用できない家電やコンセントといった場所にも使えます

     

    エタノールを使用する際に注意しておきたいこと

    ・必ず、火の気のないところで使用する
    ・使用する際には換気をする

    これは基本ですね。
    他に

    ・エタノールと他の薬品を混ぜないように気をつける
    ・使用できない素材のものがあるため

    必ず使用前にテストをして確認する

    といった点があげられます。
    使いきれなかった場合は密封容器に入れ、冷暗所にて保管しましょう。

    044387

    カビの発生を放っておくと、どうなる?

    エタノールがカビの除去に効果的であることはお話した通りですが
    では、カビを放置しておくと、どうなってしまうのでしょうか?

    カビの除去をしないままにしておくと
    見た目が悪く、悪臭が放たれるということに加え
    体を壊してしまう状況を招きかねません

    カビが原因となり発病してしまう病気はいくつかあり
    アレルギー症状が代表的です。
    他に、気管支炎を併発してしまう場合もあります。

     

    生活するうえでカビや細菌の除去は避けて通れません。
    家族が健康に毎日を過ごすことができるよう
    エタノールスプレーを常備しておきましょう。


    Sponsored Link