あなたの大切なカメラのレンズ
    カビが生えてしまっていませんか?

    カビが生えてしまったら
    メーカー修理に出して除去する方法が一般的ではありますが

    愛着のあるカメラだからこそ
    あなたの手できれいにカビを除去してみませんか。

    98ce8412659d82181c4e7756c600be99_m

    カメラのレンズにカビが生えると?

    少しのカビであれば
    あまり撮影した写真に影響がでることはありません。
    夜景の写真では変わりなく見えることが多いようです。

    しかしながら、このカビが繁殖してしまうと
    レンズに入ってくる光を妨げてしまったり
    写真にカビが写ってしまったりすることもあります

     


    Sponsored Link

    レンズのカビを除去する方法とは?

    市販されているカビ取り用の洗剤を使用するのが良いように思えるのですが
    実はこの洗剤はレンズを傷つけてしまう恐れがあり
    あまりおすすめできません。

    安価なレンズの場合は
    カビの除去にこだわらずに買い替えるという人も少なくはないのですが
    お気に入りのレンズや高価な物の場合はどうしたらいいでしょう。

    実際にいくつかの洗剤を試したご経験のある方によれば
    なんと、台所用洗剤が1番簡単にレンズのカビを除去できるとのことです。

     

    カメラの商品によって多少違いはあるものの
    マウントを外してカメラを分解します。

    取り出したレンズの順番を間違えないように気を付けながら
    1つ1つ丁寧に外し
    カビの除去をしたいレンズを中心に掃除をします。

    方法はいたって簡単で
    綿棒に台所用洗剤をつけてレンズに塗るだけです。

    レンズ1枚1枚にまで分解できるようであれば
    お湯などをつかって隅々まで洗い流してきれいにしましょう。

    最後に、エタノールを使って仕上げます。
    カビを防ぐ効果がありますので
    ぜひ行なっていただきたいです。

    ここまで完了したら
    ほこりが入らないように気を付けながら
    レンズを元の状態に戻します。

    414d0980aaa531df9e224b342a0de375_m

    それでもカビが除去できない場合は?

    ここまでお試しいただいても
    カビが除去できていないという場合
    レンズの汚れは、原因がカビではない可能性があります

    どんなものをカビだと勘違いしてしまうのか、2つの例を挙げましょう。

     

    まず1つめ、レンズを作成する際にできてしまった気泡の可能性です。
    レンズの作成時のことなので、掃除では解決することができません。

    2つめは、カメラ内の接着剤が劣化し空気が入ってしまったためです。
    レンズ同士をくっつける不可欠なものなのですが
    カビのように見えてしまうことがあります。

    また、レンズとレンズの内側にカビが生えてしまっており
    この掃除方法ではカビの除去ができていないということも考えられます。

    カビの種類やカビが発生してしまった原因などによっては
    完全にカビを除去することが難しいこともあります。

    まずはこの方法でお試しいただき
    それでも解決しない場合は修理に出すという流れがおすすめです。
    大事なカメラは、できる限り自分の手でお手入れしたいですよね。


    Sponsored Link