コネクションズ(ConeXions)

知恵と知恵を人生に繋げるコネクションサイト

三社祭では刺青の女性が見れる!?楽しいお祭りの魅力と問題点とは!?

   

Sponsored Link

三社祭(さんじゃまつり)は
5月の第3金曜から日曜にかけて
毎年、開催される浅草神社のお祭りの1つです。

正式には「浅草神社例大祭」と呼ばれており
下町らしい勢いのあるお祭りとして有名です。

31777bf621d659273ac915470548195d_m

三社祭の魅力とは?

神輿を担ぐというと男性を連想されるかと思いますが
三社祭では女性が神輿を担ぐ姿を見ることができます

女性が神輿を担ぐと
力強さの中にも美しさがあり
女性ならではの刺青の魅力に惹かれてしまいます。

そんな刺青をした男性や女性が
神輿を力強く担ぐ姿が見られる三社祭は
毎年多くの見物客を集め大賑わいとなります。

 

実は、三社祭には問題点も。

先ほども少し触れましたが
この三社祭に参加している人の中には
刺青をしている人がいます。

男性だけでなく
刺青をした肌を露出させ参加している女性も多く
こういった状況を受け入れられないと感じる人もいます

また、三社祭で神輿を担ぐ同好会の過半数が暴力団員である
といったことをマスコミが報じたり

実際に三社祭で禁止されていることが守られない事態が相次ぎ
数多くの暴力団員が逮捕されているといった事実もあり
近くの住民は大きな不安を抱える事態となっています。

Sponsored Link

003282

三社祭は刺青祭?

いつからか、三社祭は「刺青祭」と呼ばれるようになりました。
全身に刺青を入れた男性が
ふんどしのみを身に着けて神輿を担ぐ姿が多くみられるためでしょう。

男性や女性の刺青を写真撮影する観光客も多く
刺青が三社祭りの代名詞のようになっているところもあります。

写真撮影は事前に許可を得るために声をかけると
快く応じていただける場合が多いようですが
必ずしもトラブルに巻き込まれないとは言えません。

 

条例とお祭りの醍醐味

東京都は一般人の不安の声を受け
迷惑防止条例を定めて、違反した人を逮捕するというかたちをとり
安全を保つため必死になっています。

主催者側も暴力団組員に組織名が刺しゅうされた半纏を着ないように要請するなど
三社祭の品格と安全を保つために全力を尽くしています。

 

しかしながら、一部の声として

「刺青をしているから迷惑な行為をするというわけではない
何もかも禁止する方向にもっていくのはおかしいのではないか」
といった声も上がっています。

実際に刺青をした若い女性と話をした人は
「腰が低くて挨拶もきちんとする、礼儀正しい印象を受けた」
とも言っています。

お祭りならではの楽しさや見どころと
安全と安心を確保する取り組み
この釣り合いが非常に難しいことと感じます。

参加する側も見物する側も
両方が心から楽しめる
そんな三社祭になってほしいなと思います。

Sponsored Link

 - 行事 , ,