5月5日の子どもの日に
    孫や子どもに鯉のぼりを買ってあげたい
    とお考えの方も多いのではないでしょうか。

    そこで、気になるのが値段ですね。

    鯉のぼりと言っても
    昔ながらの物からマンションタイプのものまで様々であり
    相場の値段もそれぞれ異なってきます。

    今の鯉のぼりの相場はどのくらいなのか
    購入前に少しチェックしておきましょう。

    017b09cd99f52df8aa3902595905e5f0_m

    鯉のぼりの相場、この違いは何?

    一般的な鯉のぼりの値段は1~8万円と言われています。
    では、1万の物と8万の物はどこが違うのでしょうか。

    まず、鯉の数と形やデザインの違いが挙げられます。
    昔ながらの鯉のぼりは、鯉が8匹ですが
    ベランダ用の鯉のぼりは3~4匹であることが多いです。

    また、高価な物はデザインも凝っており
    昔ながらのものは金をあしらった高価な物で
    中には立体的なものまであります。

    そして、生地の素材の違いも値段に影響があります。
    ナイロンとポリエステルでは長持ちをする年数に大きな差があり
    また、光沢感があるものは見た目も異なってきます。

    主に鯉の数やデザイン、そして素材の良さを挙げましたが
    こういったところが相場の値段の差となって表れてくるというわけです

     


    Sponsored Link

    人気の鯉のぼりの相場は?

    では、どのようなタイプの鯉のぼりが人気なのでしょうか。
    正解は、昔ながらのポールでささえるタイプの鯉のぼりは
    2万円~4万円の値段の物がよく売れています。

    また、ベランダ用の鯉のぼりは
    6千円~2万弱の値段の物が人気のようです。

    相場が高ければ、それだけ価値のある立派な鯉のぼりと言えますが
    立派なものを買えばいいというものではありません。

    ご自宅のご事情や好みに合わせて
    1番良いと思えるものを納得したうえで購入されることを強くお勧めいたします。

    9776409ab7914231bcdcd460ccd7dab8_m

    鯉のぼりはどこで買うがおすすめ?

    今はネットショッピングで購入される方も多くなっています。
    他店との値段の比較が簡単で
    欲しい鯉のぼりの相場をすぐに調べられるところが魅力です。

    また、ネットショッピングは店頭の相場価格よりも安い傾向にあり
    購入の値段を抑えたい方におすすめです。

    画像や口コミも参考に購入できるので
    実際に手にとって見ることができない購入とはなりますが
    あまり心配はいらないでしょう。

    対応の良い、評価の高いお店で買えば
    困った時にもすぐ対応してくださるので安心ですよ。

     

    いかがでしょう。
    鯉のぼりの相場はお分かりいただけましたか?
    何個も購入するものではないので
    相場の値段にとらわれずに気に入ったものを贈ってあげましょう。


    Sponsored Link