春はまだ遠いようで、酷寒の日の連続ですが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

来店されたお客様から、結露とのカビの除去についてお話を頂きました。

結露によるカビの発生、予防したいですね。

何かの足しになればと、結露とカビの除去についてをまとめてみました。

よろしければお付き合いください。

 

canvas-2


Sponsored Link

結露対策、カビの除去と予防法!

結露は、室内と室外の温度差で起こる現象です。

空気は暖かいと水分を多く含み、冷たいと乾燥します。

水分を含んだ暖かい空気が冷やされると、含まれていた水分が水滴となります。

これが結露です


結露対策のチェックポイント

結露ができる場所は、温度差のあるところです。

暖房している部屋の窓。

これはみてすぐわかります。

結露のお悩みの一番のポイントかもしれません。

さらに、暖房していない部屋の窓。

 

暖房している部屋から流れ出た水蒸気が漂って、
冷たい部屋の窓ガラスに結露を起こすのはよくあることです。
窓ガラスの内側に障子がある和室も、一度障子を開けてみてください。

ガラスにびっしり結露していることがあります。

窓の結露から、結露対策の必要性を感じる人は多いはずです

スチール製の玄関扉

さわるとあまりの冷たさにどきっとするほど。

 

外気に接しているので仕方ない場所ともいえますが、玄関扉が濡れていると、
出入りの際に洋服に水がついてしまうこともあり、
なんだか、一日の気分が台なしになりそうです。

 

スチール製の扉は、冬はしっとりしていませんか?

 

冷え切った外気や暖房していない部屋と暖房されている部屋の境目にある壁も、
内部が結露している可能性があります。

壁紙がはがれたり、カビが生えていたりすることはないでしょうか。

壁紙の変化はかなり危険な状況です

 

2012-02-15-30

押入れ

押入れを開けてみると中の空気がヒンヤリしていませんか?

 

押入れの外側が外壁と接している場合、
外壁の冷たさで、押入れ内部が結露してしまうのです。
おまけに毎晩汗を吸い込んだ布団もしまわれていて、
そもそも湿度が高い場所。

結露の危険性は十分に高い場所と言えます。

見落としがちな押入れの奥も気を付けましょう。

 

 

結論

 

結露という水分を放っておくと、
乾くより先にほこりが加わって、
やがてカビが発生することも。

 

その胞子はアレルゲンになることもあります

 

健康面からも経済面からも、結露は放っておいてはいけないんです。

 

 

 


Sponsored Link

結露対策、カビの除去と予防法!

こまめに拭く。でもそうなる前に結露対策
もし結露が出たら、こまめに拭き取るのが一番の防止策になります。

でも、一日中拭いて回るわけにもいかないし。
カビが生えてしまったら簡単に張り替えるわけにもいかないので、見つけたらすぐ、カビを取りましょう

 

カビ除去専用スプレーで拭き取る

最も簡単なのは、専用のカビ取りスプレーを吹き付け、10~15分ほど放置してから拭き取ることです。

(※カビ除去専用スプレーの使用方法を守ってお使いください。)
ミョウバン水を吹き付ける

その後、ミョウバンを水に溶いてスプレーすると予防になるといわれています。

分量は、500mlの水に対して焼きミョウバン15g入れて、
よく振ってから1~2日放置し、水が透き通ってから使います。

スプレーした後はしっかり水気を拭き取ってください。
※いずれも壁等の材質によっては、変色やシミの原因になる恐れもありますので、ご注意ください。

 

 


Sponsored Link

結露対策、カビの除去と予防法!

 

押入れでカビが生えてしまったら、
アルコール除菌洗剤を染みこませた雑巾またはペーパータオルなどでカビを拭き取ります

(使った雑巾、ペーパータオルは胞子を飛ばさないように密閉してすてましょう)

 

雑巾を使うときはしっかり絞って、水気を極力少なくしてください。

拭き取り終わったら、壁にしっかり除菌洗剤またはエタノールを吹き付けます。

荷物を入れるのはしっかり乾燥した後にしましょう。

(※押入の材質によっては、変色やシミの原因になる恐れもありますので、除菌洗剤・エタノールの使用にあたってはご注意ください。)

 

006_02

 


Sponsored Link

結露対策、カビの除去と予防法!

alcohol1
アルコールの殺菌効果

アルコールはカビたんぱく質を分解してくれる効果があるため、カビの除去には効果は抜群です。

ただしカビを殺菌できても、漂白作用はないのでカビの汚れは落ちません。

漂白までしたい方は、塩素系の漂白剤の使用をおすすめします。

薬局などでよく売られているアルコール、エタノールは2種類あます。

一つは無水エタノールで、99%がエタノールです。

もう一つはこれを80%に薄めた消毒用エタノールがあります。

無水エタノールをそのまま使えば一番効果があると思われる方もいるかもしれませんが、
実は水分を全く含まないエタノールは殺菌効果がありません。

kabi5

そのため水で薄めて使用します。一番消毒用に効果が高いのは、80%です。

またエタノールと同じように殺菌消毒作用のある逆性石けん「オスバンS」という商品もあります。


Sponsored Link