「春は名のみの風の寒さ」を実感する日々ですが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

来店されたお客様から、フローリングのカビの除去についてお話を頂きました。

フローリングのカビ、確かに目立ちます。

何かの足しになればと、フローリングのカビの除去についてをまとめてみました。

よろしければお付き合いください。

 

 


Sponsored Link

フローリングのカビを除去

カビの生える原因

カビは、一般的に湿度65%以上、温度20~25度ぐらいで発生が始まります

実はこの状態って、意外とよくあることなんです。

知らず知らずに、カビが生えやすい状況をつくってしまっていませんか?

gouban250

 

1.フローリングに直接布団を敷いていませんか?

フローリングでカビが生えちゃう原因のほとんどが、フローリングに直接布団を敷いて寝ていることです。

夏でも冬でも、成人は寝ている間に約コップ1杯分の汗をかくと言われています。

これをシーツや敷き布団が吸い込んでフローリングまで届いたとき、もうそこはカビのワンダーランド、いわゆる「結露状態」になってます。

さらに、毎晩繰り返されることで湿気がこもり、布団にカビが発生!さらにフローリングまでもカビが生えることに。

早いと1週間もしないうちにカビが生えちゃうこともあります。


2.フローリングの上にマット、カーペットを敷いている

フローリングに絨毯(カーペット)やマットを敷いている方も多いと思います。

布団ほどではありませんが、これも湿気がたまりやすくなるので要注意です。

kabiyukatemochi


Sponsored Link

フローリングのカビを除去

一番のカビ対策は、カビを予防すること


フローリングに布団を敷くときのカビ予防策

一番手っ取り早い方法は、フローリングと布団の間にバスタオルや新聞を入れること。

これらが水分を吸い取ってくれます。これを毎日取り替える。
フローリングに直接布団を敷かず、すのこを下に敷いて、空間をつくる方法

 

高吸水・高吸湿繊維を使用したすのこ型除湿マットを試してみる

flooring1

さらに、調湿機能のついたマット(除湿マットなど)
を敷き布団とすのこ、フローリングの間に敷くとかなり効果的。

 

カーペットやマットのカビ予防

フローリングにカーペットやマットを敷くときは、
部屋の風通しをよくしたり、定期的に屋外干しするなどで乾燥させることが一番。

 

面倒かもしれませんが、裏返したり、持ち上げて風を通すだけでも効果がありますよ。

 

お掃除だけでは防ぎきれないカビの問題。

一番大事なことは、カビを予防すること。

カビはアルコール消毒で

alcohol1
アルコールの殺菌効果

アルコールはカビたんぱく質を分解してくれる効果があるため、カビの除去には効果は抜群です。

ただしカビを殺菌できても、漂白作用はないのでカビの汚れは落ちません。

漂白までしたい方は、塩素系の漂白剤の使用をおすすめします

薬局などでよく売られているアルコール、エタノールは2種類あります。

kabi5

一つは無水エタノールで、99%がエタノールです。

もう一つはこれを80%に薄めた消毒用エタノールがあります。

無水エタノールをそのまま使えば一番効果があると思われる方もいるかもしれませんが、
実は水分を全く含まないエタノールは殺菌効果がありません。

そのため水で薄めて使用します。

一番消毒用に効果が高いのは、80%です

review091

。無水エタノールを買って水で薄めるより、消毒用エタノールを買ったほうが量って薄めるという手間はありません。

消毒用エタノールは掃除やその他除菌などで使えます。

またエタノールと同じように殺菌消毒作用のある逆性石けん「オスバンS」という商品もあります。

 

 


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!