ともかく突然起こる痛風発作

    毎年の健康診断で高尿酸塩血症の疑いを言われているとか

    「痛風になりますよ」と指導されている人以外は
    事前の準備などしていないのが普通です。

    痛み出したら、病院へと言うのもわかりますが
    とっても動ける状況ではないとしたら。

    何か痛みを緩和させる方法はないのでしょうか?

    痛風の痛みについて調べてみました。

    しかし、痛みがある程度良くなったら病院に行って下さいね。

     

    痛風のおこりやすい時間

    痛風はいつ起こりやすいのかと言うと
    就寝中に起こる事が多いそうです。

    tuuhuupaja2

    それは、体温の低下により
    尿酸塩の沈着が起りやす為だそうです。

    ですから、病院が開く時間までは痛みと格闘しなくてはいけないのです。

     


    Sponsored Link

    消炎鎮痛薬での注意

    痛風の痛みを緩和する事で、誰もが思いつくのは
    痛み止めを飲む事です。

    手っ取り早く痛みを解消する事が出来ます。

    しかし、ここで注意事項が一つ。

    アスピリン系の鎮痛薬は避けましょう。

    アスピリンには尿酸値をあげる副作用があります。

    痛みの緩和どころか、かえって症状を悪化させる事が
    ありますので注意する必要があります。

    代表的な市販薬だと「バファリン」です。

    お手持ちの鎮痛薬を飲む前に
    薬の注意書きをよく読みましょう。

     

    とりあえず冷やす

    痛風の痛みがすでに出てしまった場合、
    痛みが発生している場所では炎症が起きています。

    炎症が起きている場合は冷やすのが
    最も単純で痛みを緩和させるのに適した方法です。

    湿布を貼るというのも効果があります。

    痛風の痛みは、尿酸ナトリウムの結晶にたいする免疫の防御反応です。

    いわゆる、アレルギーの痛みと同じ状態です。

    間違っても温めない様にしましょう。
    血流が良くなると痛みが増します。

     

    水を多く飲んで尿酸を排出する

    通常、尿酸は体内で一定値になるように調整されています。

    そのバランスが崩れ尿酸が過剰になる事で
    尿酸が結晶化します。

    nyousannzou

    ですから、ともかく尿酸を尿として出す事が重要になってきます。

    ですから、水を飲む事です。

    ミネラルウォーターが良いでしょう。
    間違っても、ビールはいけません。

     

    長期的な体質改善

    ここまで、緊急時の痛風の痛み緩和策をあげてきました。

    それとはまた別個に、痛風の痛み緩和には体質を改善することが必要です。

    尿酸を下げるのに良いとされている物は
    田七人参、葉酸、ビタミンCが上げられます。

    そして、肝機能を正常に戻す事が
    痛風に予防にとって非常に大事なのです

    と言うのも、肝臓が尿酸を生成し
    過剰な尿酸を腎臓に送るからです。

    ですから、お酒の飲みすぎは痛風になるのです。

     

    まとめ

    緊急の痛風の痛みのピークは24時間程度です。

    冷やしたり、湿布を貼ったりで痛みを緩和し
    動けるようになったら病院へ行きましょう。

    治療後は、食生活の見直しも含めて
    痛風が再発しない様に心掛けましょう。


    Sponsored Link