町はバレンタインデーのセールで華やぐ季節になりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

来店されたお客様から、お中元の時期についてご相談をお受けいたしました。

改めて考えてみますと、普段何気なく出しているお中元、意味や起源、マナーなど知らないことが多い事に気づかされました。

何かの足しになればと、お中元についてをまとめてみました。

よろしければお付き合いください。

お中元には気持ちを込めた贈り物を

 

 


Sponsored Link

お中元いつまでに送る?

お中元の起源と由来

お中元は中国から伝わったものと言われています。

もともと中国では年に三回(1月、7月、12月)身を清める風習があり、それぞれ上元、中元、下元とよばれていたそうす。

 

上元から半年間、無事に健やかに過ごせたことを祝い、
祖先の霊を供養し、お世話になった方へ、感謝の贈りものをするしきたりがお中元とされています。

 

お中元を贈る場合、熨斗(のし)は紅白5本の水引で蝶結びを用い、「御中元」「お中元」と書かれるのが一般的です。

 

また包装紙は、近年の環境問題もあって高島屋百貨店をはじめとする大手百貨店デパートでは、
進物品にはエコ包装とよばれる「簡易包装」が用いられています。

tyugen

 

 

 


Sponsored Link

お中元いつまでに送る?

お中元を贈る時期

お中元の時期は、7月はじめから15日ごろまでに贈るのが一般的となっています。

最近では、6月からお中元ギフトを贈り始める方が多くなるなど早まる傾向にあるようです。

 

また、8月にお盆を行う地域(主に関西地方)の方へは、
ひと月遅れの8月1日から8月15日までに贈ることが多いようです。

 

お中元の時期は、関東や関西など地域によって違う場合もございますので、ご注意ください。

AR063_L


Sponsored Link

お中元いつまでに送る?

お中元のマナー

 

本来はお中元ギフトを持って、先方にお伺いし、直接日頃のお礼を伝えたいところですが、
遠方に住んでいたり、仕事等で忙しく伺えない場合も多いため、
最近ではインターネットショップや店舗などから直送することが増えています。

 

直送する場合は、挨拶状を同封するか、
荷物が届くころに手紙かハガキを出すのが良いと思います。

 

内容としては、あいさつのほかに、
何を、いつ、どこから送ったかを書いておくと、親切です。

 

特に生鮮食料品などは、相手方の都合もありますので、
ギフトを贈る前に挨拶状を出しておくという心遣いがあるといいですね。

 

お中元は日頃からお世話になっている方へのお礼であり、お祝いではありません。

ですから、もらった場合、お返しの必要はありません。

57212_400

ただ、お礼状だけは出すことをおすすめします。

相手に無事に品物が届いたことを知らせる意味でも、これは大切です。

 

電話で済ませてしまう場合も多いようですが、できれば、
はがきなどで相手の好意に感謝する気持ちを込めて、送るのがよいかと思います。

 

お中元の礼状は丁寧に書くのが基本です。

 

品物に対する感謝の気持ちだけでなく、
相手の心遣いに対する感謝の気持ちを伝えることは重要です。

 

また、「奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください」などといった
一言を添える配慮や健康を祈る文章をつけるのも大切なことです。

9911ec8237478edb7a1a1ee888b11218


Sponsored Link

お中元いつまでに送る?

お中元のし

お中元を贈る時期によってのしの書き方は変わってきます。

7月初めから15日の中元までは「御中元」

中元後7月15日以降から立秋ごろまでは「暑中御見舞」

立秋から9月上旬は、「残暑御見舞」とするのが良いと思います。

0_ochugen_p1

お中元の時期は、関東や関西など地域によって違う場合もございますので、のしの書き方には、ご注意ください。


Sponsored Link