蓄膿症で何が一番困るのかと言うとそれは臭いです。

そして、自分では解らない臭いが
他人に感じられてしまう。

それがたとえば、貴方のパートナー、恋人だとしたら。

臭いと言うのは指摘される方も指摘する方も
良い気分になるものではありません。

その様な場合はどうしたらよろしいのでしょうか?

 

蓄膿症の臭いの正体

では、蓄膿症の臭いの正体は何でしょうか?

その前に蓄膿症とは何かというはなしになりますが、
蓄膿症とは顔にある空洞、副鼻腔が炎症起こし
慢性化して膿がたまる事です。

そうです。

臭いの原因は膿なのです。

ですから、気持ちの良い臭いではないのです。

 


Sponsored Link

蓄膿症で臭いの感じ方

蓄膿症での臭いの感じかたは、千差万別です。

一説では、自分が感じているほど他人は臭いがわからない
と言う人もいます。

それは、おそらく副鼻腔から膿の漏れが
ない場合をさして言っているのだろうと予測されます。

しかし、ネットの相談を見ていると
本人よりもパートナーが臭いに敏感な場合が敏感な場合
見受けられます。

これは、どういう事なのでしょうか?

他人が臭いに気づくという場合の主原因は口臭です。

kousyuu

そして、臭いのなかで、本人が一番臭いがわからないのも口臭です。

 

蓄膿症の口臭

蓄膿症での口臭は、膿が口の中に入ってくる
後鼻漏が原因です。

後鼻漏になると、喉に鼻水が溜まる為に
口から吐き出す事になります。

すると、少なからず口の中に膿の中に含まれる
細菌が蔓延しますので口臭が発生します。

ここで、蓄膿症の場合、鼻の粘膜が腫れている状態ですので
外部からの臭い自体も届きづらくなっているのです。

また、鼻水を口から出すというビジュアルが
見ている人に余計に臭いを感じさせるのかもしれません。

 

蓄膿症の臭いの対応

蓄膿症の臭いへの対応は、蓄膿症の治療を続けるしかありません。

蓄膿症の治療は場合によって3か月かかる場合もあります。

細菌の治療は時間がかかりますので
しっかり根治するまで治療を続けましょう。

後鼻漏が出ている場合は良く口を漱ぐという事も大事です。

 

臭いの相対性

人は会話をする生き物です。

特に恋人や夫婦関係においては近い距離で会話をします。

そして、臭いについては
同じにおいを発している時は、お互い意識をしません。

例えば、餃子をお互いやまもり食べたと言う時
恋人に「にんにく臭い」と感じるでしょうか?

それはおそらく、自分も同じ臭いを発しているので
麻痺をしているのだと考えられます。

そして、蓄膿症は慢性症状なので
他人に臭いを指摘されるまでに
本人が臭いに慣れてしまっている事があります。

そのため、臭いがわからないという事があります。

 

まとめ

臭いについては、他人との関係性で最も気を付けるべき事です。

パートナーに臭いを指摘されたら治療に励みましょう。

81e71b46868c4155672f805bbf863463_s_R

必死に治療してくれればパートナーも
貴方の治療を応援してくれるはずです。


Sponsored Link