紫外線アレルギーの方は、日焼け止めを選ぶのも一苦労!

どの日焼け止めがいいのか、見分け方など、

分かりやすく説明します。

00030380_72B-320x450

 

紫外線アレルギーとは?

 

紫外線アレルギーとは、

別名「日光アレルギー」とも呼ばれる病気です。

thumb5

 

普通の日焼けとは違い、

紫外線を大量に浴びることで対内外の物質が

化学変化し、アレルギー反応を起こしてしまうのです。

 

紫外線アレルギーの仕組みは、

 

紫外線を大量に浴び

身体の中の物質と強く反応

変なものができたと、身体が感知

排除しようと身体が攻撃を開始

アレルギー反応

015_img

 

ということです。

 

紫外線を大量に浴び、ある日突然発症するアレルギーなのです。

こわいですね。

 

主な症状としては、

紫外線が当たった場所に湿疹がでます。

 

とてもかゆみが強いですが、

あまり掻いてはいけません。

 

一度発症してしまうと、

なかなか治りにくい、厄介なアレルギーです。

 


Sponsored Link

紫外線アレルギーの日焼け止めの選び方

 

日焼け止めを選ぶ前に

紫外線について知っていきましょう。

20140410154800

 

地上に届く紫外線には

UVBUVAと2種類あるのです。

 

UVBとは、

日焼けや皮膚がんの主な原因となる紫外線で、

 

UVAとは、

肌の奥まで届き、シミの原因となる紫外線なのです。

 

紫外線アレルギーを引き起こすのは、

肌の奥まで届くUVAが主な原因なのです。

 

なので、UVAをちゃんとブロックしてくれる

日焼け止めを選ぶのがベストということになります

2836027_wl

 

日焼け止めの表示には、

SPFPAという2つの表記がありますね。

 

それぞれ紫外線の抑える種類が違うのです。

表記としては、

SPFは10~50、

PAには+~++++までのランクで表示されています。

 

SPFというのは、

波長が短い(肌の奥まで届かない)UVBをブロックする効果があり、

 

PAというのは、

波長が長い(肌の奥まで届く)UVAをブロックする効果があります。

 

つまり、

紫外線アレルギーの方でしたら、

PAのプラスの多いものがおすすめということです。

日焼け止めの正しい塗り方

 

紫外線アレルギーの方の紫外線対策

 

紫外線アレルギーの方は、

日焼け止めも必要ですが、

 

基本的には、肌を出さないことが一番いいのです。

300x400xFotolia_35369572_XS_jpg_pagespeed_ic_N78QafSAOI

 

また、紫外線アレルギーの方が日焼け止めを塗る際、

難しいことが2つあります。

 

①塗り残しがなく、塗ることが難しい

②汗や服の擦れなどでどうしても落ちてしまう

 

塗り残しや日焼け止めが落ちてしまった部分だけが、

後から炎症が起きてしまうということがよくあるそうです。

 

なので、日焼け止めもいいのですが、

基本的には衣服でカバーし、

どうしても隠せない部分に使うという

補助的な役割として使うことをおすすめします。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!