煮物料理や炊き込みご飯の定番のたけのこ

    冷蔵庫で保存する場合、どうやって保存したらいいのでしょうか?

    たけのこの色々な保存方法をご紹介します。

     

    たけのこは鮮度が大事?!

     

    たけのこという野菜は、

    鮮度が大事な野菜なのです。

    041324

     

    たけのこの保存方法を何個か紹介はしますが、

    基本的にはすぐ食べるのが一番いいのです。

     

    たけのこを選ぶときは、

    皮にツヤと適度な湿り気があり、

    切り口がみずみずしく、

    根元の粒状の突起が紫がかっているものを選びましょう。

     

    皮の先端が緑色のものは育ちすぎです。

    時間とともにえぐ味が強くなるため、

    入手したらなるべく早く下ゆでするのも大切なポイントです。

     


    Sponsored Link

    たけのこの冷蔵保存の方法

     

    たけのこを冷蔵保存したいというときは、

    どのように保存したら、いいのでしょうか?

     

    ・たけのこが皮付きの場合

    1335106868

    皮付きであれば、そのまま冷蔵庫へ!!

    3~5日くらいは持ちます。

     

    ・下処理をして保存

    img_2

    ①たけのこを茹でて、冷蔵庫へ!

    日持ちはあまりしませんので、2~3日使い切りましょう。

     

    ②たけのこを茹でて、タッパーなどの容器に入れ、

    全体が水に浸るように水を入れ、冷蔵庫へ。

    2、3日一度など、こまめに水を取り替えましょう。

    1~2週間程度持ちます。

    20120522205658_4fbb7f0a4e323

     

    ・ビン詰めにして保存

    少々手間がかかりますが、たけのこの水煮のビン詰めを作って、

    保存するというやり方が一番持ちます。

    冷蔵庫じゃなく、常温でも保存可能です。

    約一年間保存できるようになります。

     

    色々な保存方法がありますが、

    ビン詰めにできたら、長期保存できるので便利ですね★

     

    たけのこのビン詰め保存方法

     

    たけのこを食べきれない程いただいたり、

    たけのこ獲りに行ったという時は、

    ビン詰めが便利!

     

    たけのこを水煮にし、ビン詰めする方法をご紹介します。

    200904211648013a0

     

    たけのこビン詰め方法のやり方

    ①外側の固い皮数枚を剥いて綺麗に洗い、穂先を斜めにカットします。

    真ん中に縦に包丁を入れておきます。

     

    ②お鍋に皮のままのたけのこと

    たっぷりのお水、ぬか(ひとつかみ)、鷹の爪2~3本を入れて、

    1時間ほど吹きこぼれないように茹でます。

    茹で上がったら、そのまま冷めるまで一晩おいておきます。

    4

     

    ③綺麗にぬかを洗い落とし、包丁の切れ目からクルッと茶色い皮を剥きます。

    あく抜きのため水を換えながら(流水ならなお良い)、半日置いておきます。

     

    ④たけのこを適当な大きさに切って、瓶に隙間なくキッチリ詰めます。

    いっぱいまで水を入れ、ゆるくフタをします。

     

    ビンをお鍋に入れ、ビンの肩までお鍋に水を入れて火にかけます。

    沸騰してから30分煮ましょう。

     

    ⑥取りだして、やけどに気をつけながら、ビンのフタをしっかり閉めます。

    今度は全体がお湯に浸かるようにして再び30分間煮沸します。

     

    ビンを逆さにして自然冷却させたら、できあがり★

     

    冷蔵でも、常温でも1年間は持つようになります。

    たけのこ料理をいつでも作れるようになり、とても便利ですね♪

     

    たけのこを沢山もらった際は、

    ぜひやってみてください★

    maxresdefault


    Sponsored Link