5歳の子供たちとこいのぼりを製作しよう!!

    そんなとき、どんなこいのぼりを作りますか?

    色々なアイデアをご紹介していきます♪

     

    そもそも、なぜこいのぼりを飾る?

     

    5月5日のこどもの日には、

    こいのぼりをあげたり、兜を飾ったりしますね。

     

    しかし、なぜこいのぼりをあげるのでしょう?

    由来を知っていますか?

     

    端午の節句の5月5日は、

    江戸時代には徳川幕府の重要な日、

    「江戸城で、将軍のお祝いをする日」となっていたそうです。

     

    将軍に男の子が生まれると、

    同日の5月5日に男の子のお祝いをするようになりました。

     

    その時には、

    のぼりを立ててお祝いをしていたそうです。

    t02200293_0800106712628291505

     

    この時点では、こいのぼりではなく、

    ただの「のぼり」でした。

     

    将軍に男の子が生まれるとのぼりをあげる事が、

    まず「武家」の間で広まります。

     

    次第に、「庶民」にも広まっていったのです。

    庶民の中でも経済力がありながら、

    立場が低かった人たちは、「武家に負けてたまるか」という気になり、

     

    立身出世と言い伝えられていた中国の鯉の滝登りをイメージし、

    のぼりに鯉を書き、端午の節句を祝いだしたというのが、

    始まりだそうです。

     


    Sponsored Link

    5歳児でもできるこいのぼり製作

     

    端午の節句にこいのぼりをあげる家庭というのは、

    年々減少傾向にあります。

     

    こいのぼりをたてるのが大変・お金がかかる、

    庭など広い土地が必要になるなど、

    様々な問題から、大きなこいのぼりがあげられないという

    家庭も多いのではないでしょうか?

     

    しかし、こいのぼりなどでお祝いをしたいですよね?

    そんなときは、お手軽に子供と一緒に製作してみませんか?!

     

    子供は工作をつくるようで楽しいですし、

    年間行事としてこいのぼりを身近に感じることができます☆

     

    5歳くらいのお子さんでしたら、手先がだんだん器用になってきているため、

    いろいろな方法で作ることができるはずです♪

    そこで、いろいろなこいのぼり製作をご紹介します☆

     

    ・カラーポリ袋を使って製作

    201404koinobori

     

    ①カラーポリ袋をつなぎ合わせ、目を作ってつけておきます。

    ②裏が白い紙を用意し、楕円に切っておきます。

    ③雑巾などに絵具を湿らせ、手でスタンピング!!

    それがうろこになります。

     

    5歳くらいですと、なかなか絵具を使うときは少ないと思いますので、

    初めての絵具の感触に大喜び間違いなし!!

     

    ただ、はしゃぎすぎて、いろいろな場所を汚す可能性が高いので、

    注意しましょう。

     

    ・折り紙とハサミで製作

    P1050540

     

    ①鯉のぼり型に厚紙や段ボールなど、

    こいのぼりの元になるものを用意しておきましょう。

    カラフルな折り紙をハサミで切り、こいのぼりに模様をつけてもらいましょう!

    うろこの代わりに、カラフルなもようのこいのぼりが完成!!

     

    こちらは、外に置き風になびかせることはできませんが、

    お手軽に作ることが可能★

     

    ・紙コップを使って製作

    o0248033211929804187

     

    ①紙コップと折り紙やペンなど、装飾できるものを用意しておきます。

    5歳くらいのお子さんに、自由に飾りつけしてもらいます。

    ③割りばしなど、長めの棒につければ、ミニこいのぼり!

     

    5歳くらいのお子さんだと、いろいろなアイデアで

    様々なこいのぼりができますね★

     

    ただ、ハサミを使うときは、保護者が見ているときに

    使うように注意しましょう。

     

    子供と一緒に端午の節句を楽しんでくださいね★

     


    Sponsored Link