入学式でよく見かけるコサージュ。
ブラックフォーマルにコサージュをつけることが
保護者の定番スタイルとなっていますね。

でもみなさん、コサージュをつけることの本当の意味や
コサージュの種類について、ご存知ですか?

 

コサージュをつける理由とは?

入学式というおめでたい日を
より華やかに盛り上げるため、なんて思っていませんか?

実はこれ、不正解です。

コサージュは
相手に喜びの気持ちを伝えるために
胸元に花を飾ったことが始まりとされているのです。

ただ、コサージュをつければそれでいいというものではありません。
入学式という場に相応しいとは言えないコサージュもあるのです。

 


Sponsored Link

コサージュの種類とは?

e86d89a21c59116c31cdb329bfda878d_m

さて、まずは入学式につけることができるコサージュをご紹介しましょう。

種類が豊富なコサージュ。
シルクフラワーのコサージュが定番となっていますね。
オーガンジーコサージュも華やかで人気です。

他にもブリザードフラワーや生花で作られたコサージュも
おしゃれでとても人気です。

 

では、次に、入学式では避けるべきコサージュです。

ビジューコサージュという
キラキラしたパールやクリスタルのコサージュ。
そして、布コサージュです。

ビジューコサージュは派手すぎるという理由で
布コサージュは反対にカジュアルすぎるという理由で
どちらも改まった入学式の場には相応しくないと考えられているのです。

あくまでも主役はお子さまたちなのであり
そして入学式という大きな節目の行事なのですから
出席する保護者の装いも考えて選ばなくてはなりません。

 

まだ、気を付けるべきことがある?

ce1e74813e746b0c83560b3a41560e04_m

そうなんです、もう1点
コサージュをつける際に気に留めておきたい点があります。

実は、コサージュの色です。

はっきりとした濃い色
たとえば赤や黒、茶色などは避けましょう。

これは先ほどの理由とは違い
必ずしもいけないというわけではないのですが
雰囲気が暗くなってしまうためです。

もしも、合わせる服装が
ブラックフォーマルだとするなら尚更です。

入学式はお祝い行事であることを忘れずに
主役を引き立て、華やかな雰囲気を作ることが重要です。

 

コサージュをつける位置はどのあたり?

c0a64e849c2ff9b630edbbdc8f9930c1_m

入学式にコサージュをつけることが決まっているわけではありませんので
コサージュをつける位置も
左側の脇と鎖骨の間であれば自由です。

襟がある場合は襟に
ない場合は鎖骨部分にとなります。

この際、鎖骨の高い部分にコサージュをつけると
引き締まった印象になって
とてもすっきり見えてきれいなのでおすすめです。

 

記念に残る入学式
コサージュをつけて、笑顔を素敵に残しましょう。


Sponsored Link