伊勢神宮は、

    全国でも屈指のパワースポットをいわれています。

     

    伊勢神宮とは、

    内宮と外宮の両正宮を中心に、14か所の別宮
    さらには109か所の摂社や末社などから成り立っています。

    その中でも、
    日本神話の最高峰ともいわれ
    多くの逸話も残っている
    アマテラスオオミカミ
    を祀る
    皇大神宮の内宮は
    見どころやパワースポットもいっぱい!

    折角、お参りに行ったのなら
    じっくり時間をかけて
    空気を味わってくることをオススメします。

    そこで、今回は
    伊勢神宮の内宮でのおすすめスポットを
    5つに絞って紹介しますね!

    順路にそって紹介したいと思います。

     

    宇治橋の鳥居

    内宮の入り口に架かる

    宇治橋の両端に建っている鳥居

    AS20141003001432_comm

    これは、見てのとおり

    伊勢神宮のシンボル
    ともいえるほど
    よく見る景色ではないでしょうか。

    この鳥居は、高さは7.4メートルあり、
    建てられた時期は不明だとか、

    しかし室町時代に描かれた絵には鳥居が!
    その古い歴史のある鳥居は、

    e315f559

    二十年に一度の
    式年遷宮に合わせて、
    造りかえられています。

    宇治橋は、
    聖俗界を分ける境界
    といわれておりますので心して渡りましょう!

    鳥居の材木は
    旧正殿の屋根を支えた「棟持柱」(むなまちはしら)
    が使われているそうです。


    Sponsored Link

    五十鈴川御手洗場

    宇治橋をわたり、しばらくすると
    手水舎が
    そのすぐ先に

    20130201_84265

    五十鈴川御手洗場
    まで降りる緩やかな道が。

    640px-Mitarashiba_of_Naiku01

    この御手洗場(みたらしば)は、
    かつては手洗いだけではなく、
    口濯ぎまで行われていたそうです。

    imgd7aad5eblrcnrk

    現在でも
    伊勢神宮の公式ウェブサイトで
    「神聖な川、清浄な川として知られる五十鈴川の水で心身ともに清めてから参宮しましょう」
    「天気のいい日は五十鈴川「御手洗場」で、口と手を清めることをお勧めします」
    と記載され、推奨されています。

    正宮に行く前に浄めていきましょう!

     

    内宮の正宮

    まず初めに参拝するのが、
    “正宮”
    というしきたりになっています。

    こちらは
    もちろん、
    太陽を神格化した
    天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮の正宮です。

    こちらは
    神聖な場所なので秩序を持って参拝します。
    撮影は、石段下のみなので気をつけましょう!

    hqdefault

    パワーを感じながら
    二礼二拍手一礼をしましょう。
    神妙な面持ちになりますよ!

     

    別宮への大きな杉

    正宮から別宮へと進みます。
    別宮に続く道に入ってすぐのところに

    大きな杉の木があります。
    ここも隠れた
    パワーツリーとして有名です。

    DSC_0172

    参拝者の皆さんがパワーにあやかろうと
    触っていっているからか、
    杉の木なのにツルツルになってしまってます。

    111_1138_l

    その木を触った瞬間
    ひんやりとした感触がパワーを感じます。

     

    縁結びの子安神社

    伊勢神宮にも縁結びの神社があります。

    宇治橋を正宮のほうに曲がらずに
    まっすぐに行った場所にある

    「子安神社」です。

    DSC00237-1024x768

    二ニギの尊の妻で
    ホデリ(海幸彦)・ホオリ(山幸彦)を生んだ

    木華開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を祀っています。

    IMG_0003_28

    縁結びのほか、
    安産、子育て、子授けと

    女性が参拝したい神社となっています。
    とてもこじんまりしていて
    ほとんど人もいませんが、

    厳かなピンと張りつめた空気感の内宮にあって、

    ここだけが
    優しい空気に包まれているような気がして心安らぐ場所です。

    奥には
    コノハナサクヤヒメの父にあたる

    koyasujinjya

    大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)もあり、

    そちらもあわせて参拝されるのをおすすめします。

    まだまだ、いっぱいスポットはあるようですが、
    ひとそれぞれで感じるものが違いますよね!
    なので、
    実際行かれて
    神宮の空気をご自身で感じるのが一番ではないでしょうか。

    神宮は、
    天皇、皇室の祖先神
    大和平定に功績のある特定の神を祭神とする神社
    とされています。

    そのように由緒正しい、神聖な場所なのですから、
    お詣りする場合には、
    自分本位にならないよう謙虚な場所にふさわしい心がけが必要では?
    と思うのですが、いかがでしょうか。


    Sponsored Link