伊勢神宮へは、
    全国各地から絶えず参拝者がいます。

    参拝をしたいと思ったとき、
    遠い地域のかたは
    アクセス方法が気になりますよね。

    その中でも、

    今回は福岡にスポットをあて

    伊勢神宮へのアクセス

    を紹介したいと思います。

     

    関門海峡を何で渡るか!

    15

    福岡から伊勢神宮
    に向かう時に

    まず、頭に浮かんだのは

    “関門海峡”をどの手段で渡るのかです。

    手段として考えられるのは
    一般的に

    新幹線と自動車、

    この2つです。

    さらに自動車として考える場合、

    自家用車なのかバスなのか
    に絞られてくるでしょうね。

    最近の選択肢として、
    バスといえば夜行バスとなりますね。

     


    Sponsored Link

    一般的なアクセス

    先ほどもふれましたが

    初めて行く場合
    一般的に考えられる
    伊勢準宮への福岡からのアクセスは

    新幹線夜行バス
    2つの選択肢なります。


    新幹線ですと

    JR博多駅から新幹線のぞみで
    約3時間30分ひとり約11,000円

    500_21538311

    その後
    JR名古屋で下車して近鉄線へ
    近鉄名古屋駅から近鉄名伊乙特急
    約1時間30分ひとり1,410円

    untitled
    そこで
    伊勢市で下車し南口の改札をでて
    あとは
    徒歩約1kmで到着です。

    夜行バスですと

    福岡天神バスターミナル
    19;50発で
    伊勢市駅前08:15着
    車中泊りで約12時間

    illust-tenjin-01

    その後、徒歩で到着です。
    料金は片道12000円[往復24000円]
    予約制で3列シート車両利用とのことです。

     

    優先順位はなにか

    次に基準として決める大事なポイントは

    時間を優先するのか、

    それとも
    料金面を優先するか

    さらには利便性を選ぶのか

    この3つの基準で
    絞っていくべきでしょうね。

    利便性のなかには、
    乗り換えが少なく
    アクセスに不安を少なくする。

    または、
    体力面を考える
    日程にする。
    といった、
    個々の事情を考慮する必要があるでしょう。

    では、それぞれの基準にそって
    具体的に絞っていきましょう。

    時間優先の場合

    伊勢神宮へのアクセスに
    どのくらい休日がとれるのか?

    ということころが
    一番のポイントとなるでしょうね!

    さすがに日帰りは厳しい
    でしょうから。

    時間に余裕があるのならば

    周辺に宿泊を検討するがベストでしょうね。

    伊勢神宮周辺にも
    ホテルや旅館がいろいろありますから。

    Y328192177

    次の料金面では、

    予算の範囲をどの程度に
    設定しているかです。

    そこで大きく変わってきます。
    例えば、一人なのか。
    もしくは2人、
    はたまた家族で子ども連れなのかなど

    人員構成により
    予算も大幅に変わります。

     

    お手軽価格に抑えたい場合なら

    夜行バス

    ビジネスホテル

    あたりでしょうか。

    子ども連れでホテルの場合
    子供の年齢によって
    制限が宿泊施設で
    まったく異なりますので注意が必要です。

    一番のおすすめは
    ビジネスホテルで

    小学生以下添い寝無料

    のプランがある宿泊施設をさがすことですね!

    ba10edfd8e2d63f247eb1d360554e6c8

    子どもの料金をどのように抑えるか
    がポイントになると思います。

    さらに、最後にしぼっていく
    利便性などの基準
    で整理していきますと

    新幹線の場合は、
    所要時間が約5時間で12,500円

    なので、参拝後すぐ日帰りするのは、
    おそらく無理でしょうね!

    img_0

    それは、外宮で1時間の参拝。
    その後、バス移動に30分

    images (3)
    最後に内宮参拝が1時間

    参拝時間は合計
    2時間30分ほど

    ダウンロード

    に考慮する必要があるからです。

    また、
    夜行バスの場合
    往復24,000円ですが、
    それぞれ1泊分の時間が必要となって
    実質の日程は、2泊3日となります。

    乗り換えがほとんど無いのは魅力ですが

    移動時間に長時間、拘束される
    ところが少し残念ですよね。

    img_5

    いかがでしたでしょうか。
    今回紹介しました伊勢神宮へのアクセス方法を
    福岡を基準で紹介しましたが

    一番の基準は、
    行く場合の目的
    ではないでしょうか?

    参拝が大事なのか。
    それとも観光が重視なのか。

    それにより、
    テーマパークや水族館などの施設に行ったり
    追加のプラン
    が生まれますから

    何にしても、
    福岡からですと
    結構な移動距離になりますので

    十分な準備をされて
    事故や事件などにつながらないようなプラン

    を練られたら良いと思います。

    ちなみに、
    最近では

    格安の飛行機会社の就航もあります。

    たとえばエアアジアだと
    福岡→名古屋セントレア

    air-asia

    最安で4,480円、
    さらにそこからポイントは
    高速船に乗ることで松坂まで
    2,700円。(津で2,400円)

    近鉄の松坂~伊勢市駅で390円弱なので
    なんと最低で片道8,000円で行けるのです。

    料金もそうですが、時間も
    2時間程度らしいです。

    しかし、就航にムラが・・・。
    飛んだり、飛ばなかったり。

    いろいろ一長一短なのが実情。

     

    個人的なオススメは

    新幹線からの
    “宿泊”プラス“レンタカー”なのですが

    120120

    そこのセットプランなどを

    otoku
    ネット予約などで探されることをオススメします。


    Sponsored Link