伊勢神宮は
古の頃から特別な崇敬を集めていました。

それは、現在でも同様です。

全国からご利益を授かろうと、
祈願をしに参拝者がたえません。

 

正式には「神宮」が名称!

正式な名称は「神宮」です。
なので伊勢神宮は通称です。

 

本来は、神宮というと
“明治神宮”や“熱田神宮”ではなく

title

images (2)

 

「伊勢神宮」を指し

神社の中で別格であり、
日本の総氏神とされます。

参拝に訪れる多くは
両正宮を基本参拝されます。

そこで、
社務所に

20130213_104217
お守りを買い求め
多くの方がこられます。

IMG_9179-s-33c9e

こちらは、週末や祭日になると
いつも多くのかたでいっぱいになります。
その方々のお目当ては、お守りですよね!

今回は、そんな
伊勢神宮で頂けるお守りについて御紹介します。


Sponsored Link

内宮のお守り

こちらは厄除けお守』です。

mie005_01

単純な巾着型ではなく、
ちょっとふくらみがある面白い形。好きな色を選ぶことができます。

ise-omamori

内宮参集殿(休憩所)で一番人気の「いせ鈴」です

070407_2302
通信販売でも扱っているそうです

こちらは先が少しとがっていて、
剣祓(けんはらい)をかたどっているのでしょうか?

mie005_03

 

 

外宮のおまもり

『開運鈴守』は勾玉の形をしています。

182360104_2438261_2430040

伊勢神宮で勾玉です。

他にも、人気なのはお札ですよね。

伊勢神宮特有の『海幸守祓』。
こちらは海上安全や大漁祈願のお守りです。

E5A496E5AEAEE383BBE38388E383A8E382A6E382B1E38393E383A1E381AEE69CA8E5AE88

そして伊勢神宮と言えば、

やはりご利益がありそうなのは

御神札でしょう。

こちらは参拝の証として
氏神様の御神札と共に、

神棚などにお祀りしておくと良いのです。

fuda-5

 

ちなみに
境内にある子安神社には、

安産祈願の鳥居が多数奉納されていました。

mie005_04

子安神社に祀られているのは

木華開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)で、

美しい女神として知られています。

天孫瓊々杵尊(ににぎのみこと)
の皇后となりましたが

懐妊の際に貞節を疑われ、
戸の無い産屋に火を放って
3人の子を産んで

身の潔白を証明したことから

縁結びや安産の神として信仰されています。

 

伊勢神宮お札お守り値段一覧

ofuda05

紙札(剣祓) 500円
板札(角祓) 1,500円
板札(大角祓) 2,500円
万度(神楽大麻) 3,000円(お神楽を受けた方のみ)
お守り袋入 1,000円
交通安全(お守り) 1,000円
安産・学業(お守り) 1,000円

10

一応、御朱印もお守りの一種

dsc_0076

いかがでしたでしょう。
伊勢神宮のお守りは、
お値段がやはり若干お高いようです。

それは、
日本の総氏神なので仕方ないということでしょう!

でも、お守りは何個あっても良いそうですが
心配な方は、
それを買うことで気持ちが収まるのでしょうから。

正直、やはり気持ちの持ちようだと思うのです。
信じる者は救われるでしょう。

 

信じる方は、
お守りが少し高い値段でも求めます。

そうでない人は、安いもので済ませる。

どこにでも、
そういった参拝者はいますよね。

以前、
とある神社の宮司さんに聞いたところ

それに対して、

神様はふところが深いので

両方の願いを受け入れてくれるんだそうです。

それに対して、私達は
お願いするだけではなく、
感謝の気持ちをもたなくてはいけない
と教えていただきました。

その気持ちが願いを可能にする唯一のコツなんだそうです。
毎日、
生活が出来ていること自体が成就なのだそうです。

ちなみに、
伊勢神宮にはおみくじがないそうです。
それは、

伊勢神宮にお参りにこれた日じたいが”吉日”

だからだそうです。

すべてがこれにあてはまるのではないでしょうか!
もし、
伊勢神宮に行く機会がありましたら
ぜひ肝に銘じていただければと思います。


Sponsored Link