日本では、
    古くから盛んに

    「お伊勢参り」
    が行われていました。
    一生に一度、伊勢に行き

    伊勢神宮を参拝することが、人々の夢だったのです。

    伊勢神宮は、
    そういった特別な崇敬を集めていました。

    それは、現在でも
    伊勢神宮の特別な存在価値は
    変わっていないと思います。

     

    伊勢神宮とは

    伊勢神宮は
    日本神話の最高峰ともいわれ
    多くの逸話も残っている
    アマテラスオオミカミ
    を祀る
    皇大神宮の内宮。

    678c4f22

    そのアマテラスオオミカミを支える神様の
    トヨウケノオオミカミ
    を祀る
    豊受大神宮の外宮

    images (3)

    この両正宮を中心に、
    14か所の別宮
    さらには109か所の摂社や末社
    などから成り立っています。

    創建は、
    二千年前といわれています。

    伊勢神宮では、
    二十年に一度建て替えを行いながら、
    創建当時と変わらない神殿の姿を守り続けています。
    それが、最近一般的に耳にするようになった
    “式年遷宮”
    という最も重要なお祭りです。

    bod_img_02_f1

    ですので、
    広大な伊勢神宮を参拝するには

    一般的な作法があり、
    それが古くから伝わり
    多くの参拝客を導いているのです。

     


    Sponsored Link

    参拝するときの作法

    参拝するときは、
    ほかの神社でもだいたい一緒ですが、

    二拝(最敬礼を二度行う)

    次に二拍手(手を二度打つ)

    次に一拝(最敬礼を一度行う)

    isejingu3-11

    というのが、
    一般の作法となっています。

    ちなみに
    団体で参拝するときには、

    代表者一人
    横に整列した団体の前、

    中央に進み出て

    二拝、二拍手、一拝の拝礼を行い、
    団体の方々もいっしょにそろってするのが作法です。

    伊勢神宮の場合、
    内宮と外宮の両正宮をセットとして
    必ずお参りするのが良い
    といわれます。

    順序としては、
    由緒を理解すると自然にわかるのです。

    外宮に祀られている
    トヨウケノオオミカミは
    ご祭神である
    アマテラスオオミカミの召し上がり物を守護する神様です。

    なので、
    まず外宮を参拝してから内宮を参拝するのが

    64f7f3f6da2c1424d2b0aa1a4afe911e

    正式な参拝ルートとされ、
    基本の「お伊勢参り」の作法が
    ならわしと言われています。

    外宮か内宮、片方だけをお詣りするのは、
    「片まいり」
    と呼ばれ避けるべきことと言われています。
    それぞれの場所に着いたら、
    まずは
    ご祭神の祀られている

    ご正宮にお詣りするのが手順
    とされています。
    その後、別宮を回るのが正式な順序です。

    images

     

    もう一つの作法(手水場)

    伊勢神宮に関わらず、

    神社へ行って、まずして欲しいのは、
    詣りする前に、手水舎で手と口を清めることです。
    この手水舎の作法について
    実は「分からない」
    という方が多いのではないでしょうか。

    結構みられるのは、
    一番は、手水場を素通りする参拝者。

    あとは、ひしゃくに直接口をつける方。
    ゴクゴク水を飲み始める。
    など、以上のことはやめましょうね。

    正式な作法は
    まず、右手でひしゃくを持って水をすくいます。

    それで、左手を清める

    さらに左手にひしゃくを持ちかえ、右手を清めます。

    その後、右手にひしゃくを持ちかえ、左手に水をすくって口をすすぎます。

    さらに左手を清めて、

    最後に、ひしゃくを垂直に持ち
    余った水をひしゃくの柄に伝わせ、清めて

    ひしゃくを元にもどします。

    一応、これが手水場の作法です。

     

    ちなみに、伊勢神宮は

    手水場のすぐ近くに
    「五十鈴川」があり、
    川のそばまで降りられるようになっています。

    _FX30341

    ぜひ、五十鈴川の流れに手をひたし、こちらで清めて参拝へ向かってみましょう。

    “神宮”とは

    伊勢神宮は、神宮と呼ばれた発祥の神社といわれます。

    日本書紀には、
    伊勢神宮と奈良の石上神宮のみが
    “神宮”と記載されています。

    その後、
    神宮は、
    天皇、皇室の祖先神
    大和平定に功績のある特定の神を祭神とする神社

    とされており、
    現在も特別な由緒をもつ神社に限られているそうです。

    そんな由緒の正しく、
    長いあいだ受け継がれている信仰する気持ちは
    貴い事ではないでしょうか。

    fukuso-2

    そんな、神聖な場所なのですから、
    お詣りする場合には、
    自分本位にならないよう
    場所にふさわしい謙虚な心がけが必要ではないでしょうか。


    Sponsored Link