大寒を迎え、いよいよ冬将軍が到来する時期となりました、皆様いかがお過ごしですか。

    お客様がカッコいいライダースをお召しになっておりましたので、気になって調べてみました。

    よろしければお付き合いください。

     

    rider_1a

    ライダースジャケット!人気のメンズのブランドNo1

    hott (ショット)

    ライダースジャケット・革ジャンといえばこのブランド、
    と言っても過言ではないくらい有名であり質の高い革を使用したライダースジャケットを展開。

    知名度と質の両方を両立している数少ない希少なブランドです。

    海外の音楽シーンをフィールドに活躍しているフォトグラファーの中で、
    イギリス出身のJanette Beckmanも愛用しており、
    ホームページにメッセージを載せるなどしております

    m_mj008

     

     


    Sponsored Link

    ライダースジャケット!人気のメンズのブランドNo2

    VANSON(バンソン)

    かなり本物志向のライダース・革ジャンを展開するとして人気が高い。
    これこそライダース、ワイルドで無骨な雰囲気があることから、
    このブランドに絞って購入するファンの方も少なくないようです。
    一生着られるジャケットをと言うコンセプトで提供しています。

    3685292_16_D_500

     

     

     

    ライダースジャケット!人気のメンズのブランドNo3

     

    Lui’s (ルイス)

    デイリーファッションに使いやすい、どちらかといえばスタイリッシュなライダースが揃っているとして定評があるブランド。
    ファッションブランドとしても有名であり、
    革の質とファッション重視のライダースを探しているならこのブランドも選択肢に入れておきたいところです。

    3585217B_8_D

     

     

     

     

    ライダースジャケット!人気のメンズのブランドNo4

    Scye (サイ)

    2000年創業のファッションブランド。

    最低限のジップ、きれいなシルエットの「ンプルなライダースジャケット」を発売し注目を集めました。

    3518189B_8_D_500

     
    DCブランドとは?

    ファッション雑誌やデパートなどで使われていた用語。

    mou0009-2

    この用語がいつ頃から使われ始めたかは明らかではないが、1979年(昭和54年)の新聞に、
    渋谷PARCO PART2の地下1階メンズフロアの広告として、
    「デザイナーブランド(ただしアルファベットではDesigner’s BrandのちにDesigners’ Brand)」の名のもとに、
    松田光弘・菊池武夫・三宅一生・川久保玲・高橋幸宏(年齢順)の名およびメンズファッションへのコメントを載せたことが、
    この用語を社会認知させる最初のものであった。

    876872_detailImage1

     

    これらのデザイナーは、松田光弘・菊池武夫は既に独自の世界を確立し一定のファン層をもつものとして、
    三宅一生は芸術的側面からファッションにアプローチするものとして、
    川久保玲は新進の若手デザイナーとして別々であり、
    デザイナーブランドにカテゴライズされるような同じコンセプトを持っていたのではなかったが、
    この当時、午後の情報番組に数名のデザイナーが出演しファッションへのコメントをしたり、
    三宅一生とYMOの生演奏コラボレーションによるファッションショーが特番として組まれるなど、
    職業人デザイナーとして同じようにみられるようになった。その他「デザイナーブランド」とは別に、
    例えば、ニットおよびカットソーでトータルコーディネイトを提案した「メルローズ」のような特化的なブランドなども注目されたが、
    「キャラクターズブランド」とはよばれなかった。なお、当初は「デザイナーズ&キャラクターズブランド」という用語はなかった。

    結果的に、この用語は広告およびファッション界の中で、確立したジャンルを表す意味のものとして定着しなかった。

    m_mj008

    実際、各ブランドに対して、雑誌編集部の関心により一面的な紹介がされたため、この用語には、
    各ブランドの特徴は見出せない。現在、ファッション業界の中で、
    自らをDCブランドとして位置付けする衣服メーカーはほとんどなく、
    DCブランドという総称は過去の分類用語となっている。
    ウキペディアより抜粋


    Sponsored Link